リュドヴィク・ペナン作大型メダイ 《ノートル=ダム・ド・ルルド 無原罪の御宿リ》 小さき者に現れ給う聖母 直径 25.9 mm


突出部分を除く直径 25,9 mm

フランス  1900 - 30年代



 ピレネー山中に出現し給うた無原罪の御宿リ、ノートル=ダム・ド・ルルド(仏 Notre-Dame de Lourdes ルルドの聖母)を、初々しい少女の姿に仮託した美しいメダイ。両面の浮き彫りは高名なメダイユ彫刻家リュドヴィク・ペナンの作品です。





 一方の面には少女時代の聖母マリアの横顔を浮き彫りにし、執り成しを願うフランス語の祈りで囲んでいます。

  Notre-Dame de Lourdes, priez pour nous.  ルルドの聖母よ、われらのために祈りたまえ。


 神によって花嫁に選ばれた少女は、簡素な衣に純白の薄絹のヴェールを被り、視線をまっすぐ前方に向けています。マリアの横顔は清冽な美を湛えていますが、それは神の摂理に全てを委ねた野の百合(マタイ 6: 25 - 34、ルカ 12: 22 - 34)の美であり、受胎を告知するガブリエルに対して「お言葉通りこの身に成りますように」(ルカ 1: 38)と答えた信仰の形象化に他なりません。





 浮き彫りの最下部、メダイの縁に近いところに、リヨンの彫刻家ペナンの名前(PENIN)が刻まれています。ペナンとはフランス・カトリック界を代表するメダユール(仏 médailleur メダイユ彫刻家)のひとり、リュドヴィク・ペナン(Ludovic Penin, 1830 - 1868)のことです。リュドヴィク・ペナンは教皇庁御用達のメダユールに選ばれた優秀な芸術家でしたが、1868年、惜しくも三十代で夭折しました。





 上の写真の手前部分に写っている "DEP." は、フランス語デポゼ(déposé 意匠登録済)の刻印です。本品はリュドヴィク・ペナンの没後、同郷の芸術家ジャン=バティスト・ポンセ(Jean-Baptiste Poncet, 1827 - 1901)によって、原作が有する清冽な敬虔性を尊重しつつも、都会風、二十世紀風の洗練を加えられています。リュドヴィク・ペナンが年若くして没したのち、ジャン=バティスト・ポンセはペナンによる数多くの作品を美しいメダイとして復活させました。本品にはペナンの名前だけが刻まれていますが、ペナンとポンセの名前を併記した作品も多く見られます。





 ルルドの聖母はロザリオの聖母とも呼ばれます。ロザリオにおいては、受胎告知の際の天使祝詞が主な祈りの言葉となります。しっかりと目を見開いて前を見つめる少女マリアは、自らがエヴァの子孫でただ一人、無原罪の御宿リとして生まれてきたことの意味を神に問うているように見えます。静かに結んだ口元には、神の摂理に身を委ねる少女の激しい愛と無条件の信仰が表れています。





 本品は五百円硬貨ほどの大きさがある上に、それぞれの面の浮き彫りも立体的で、生身の聖母を目の前に見るかのような迫真性があります。両面の浮き彫りが意匠登録され、リュドヴィク・ペナンとジャン=バティスト・ポンセの没後にもこの作品が再び制作されたのは、単なる信心具に留まらない芸術作品としての優秀性ゆえであることがわかります。





 上の写真に写っている定規のひと目盛りは、一ミリメートルです。本品の直径は二十六ミリメートル足らずであり、浮き彫りの各部は極小サイズのミニアチュール彫刻によります。少女マリアの顔立ちは美しく整っているだけでなく、卓越した信仰心が滲み出ています。胸の前に合わせた手も顔と同様に表情豊かで、深い宗教性の内に神と対話しています。





 メダイのもう一方の面には、マサビエルの岩場における聖母出現の場面が、浮き彫りで表されています。

 ルルドを貫流するポー川(le gave de Pau)の岸辺に、現地で話されるガスコーニュ語ビゴール方言でマサビエラ(massavielha 古い岩塊、の意)と呼ばれる高さ二十七メートルの岩場があります。この岩場は巨大な石灰岩の塊で、基部にポー川の浸食を受けて、高さ 3.80メートル、奥行 9.5メートル、幅 9.85メートルのグロット(仏 grotte 洞穴、岩に開いた大きな横穴)を生じています。洞穴に向かって立つと右上方に縦長の開口部があって、開口部の奥は下の洞穴に繋がっています。ベルナデット・スビルーが幻視した少女マリアは、この開口部に立っていました。若き聖母に指示されたベルナデットが、洞穴内の土を手で掘ったところ泉が湧き出して、多数の病人に奇跡的な治癒効果を発揮しました。


 ファビシュの聖母像


 ルルドのグロットの右上方、ベルナデットが聖母の姿を見た開口部には、聖母出現から六年が経った 1864年に、リヨンの高名な彫刻家ジョゼフ=ユーグ・ファビシュ(Joseph-Hugues Fabisch, 1812 - 1886)の手による聖母像が安置され、現在に至っています。ファビシュの聖母像は大理石製で、1853年 3月25日、十六回目の出現の際にベルナデットに名を問われ、「わたしは無原罪の御宿りです」と答えたときのマリアを表現しています。





 ファビシュは無原罪のマリアをロサ・ミスティカ、棘の無い神秘の薔薇として表現しており、聖母の両足の上には金色の薔薇の花が取り付けられています。ルルドの聖母は裸足で、茨の茂みに出現し給いました。茨(薔薇)の棘は罪を象徴します。したがって聖母が棘に傷つき給わないという事実は、聖母の罪の無さ、無原罪性を象徴的に表します。

 聖母の図像表現において、茨を踏む裸足は無原罪性を最も良く象徴する部位です。それゆえここに薔薇を咲かせたファビシュの聖母像は、神学的背景を巧みに可視化していると言えます。リュドヴィク・ペナンはファビシュの彫刻を写したわけではないので、本品メダイの聖母像には台座がありません。しかしながらペナンはファビシュの優れたアイデアを踏襲し、聖母の裸足の両足に二輪の薔薇を咲かせています。


 マサビエル(岩場)のグロットに立つ聖母は、右腕にロザリオを掛け、胸の前に両手を合わせて、目を天に向けています。これは 1858年3月25日、聖母が十六回目に出現し給うたときの様子です。この日ベルナデットが四度続けて名を問うと、聖母は田舎の言葉(ガスコーニュ語ビゴール方言)で「わたしは無原罪の御宿りです」(Que soy era Immaculada Concepciou.)と答え給いました。本品において、この言葉は標準フランス語(イール=ド=フランス方言)に直され、メダイを取り巻くように刻まれています。

  Je suis l'Immaculée Conception.  わたしは無原罪の御宿りです。


 浮き彫りの下部、メダイの縁に近いところに、ペナンの名前が刻まれています。





 上の写真に写っている定規のひと目盛りは、一ミリメートルです。少女マリアの単身像も十分に細密で、顔の各部が一ミリメートルほどのサイズでしたが、この面に再現されたマサビエルでの出現は、人物の顔全体のサイズが一ミリメートル余りしかありません。流れるような衣文(えもん 衣の襞)や、ごつごつした岩肌、聖母の足元や岩の間に生える野草、ベルナデットが手首に掛けたロザリオの珠の一つひとつまでを再現するフランスのメダイユ製作技術には、ただ驚くしかありません。





 上の写真は本品を男性店主の手に乗せて撮影しています。女性が本品の実物をご覧になれば、写真で見るよりもひと回り大きなサイズに感じられます。


 聖母やキリストの出現は、常に普通の人に対して行わrます。人間界にメッセージを伝えるのであれば、国王や皇帝、大統領、教皇、大主教などに出現すれば良さそうなものなのに、超自然的出現は常に普通の人、とりわけ何の地位も力も持たない貧しい農夫や幼い子供たち、一介の少女に対して起こります。そもそもナザレの少女マリアの場合がそうでした。マリアはローマの属領でさえない地方、いわば文明圏外と見做されていた田舎の少女でした。ベルナデットも山村の少女で、家庭は貧しく、監獄として建てられた小屋に住んでいました。

 カトリック外に目を向けても、事情はまったく変わりません。近年に起こった最も有名な出来事は、聖公会(イギリス国教会)の信徒ドロシー・ケリン(Dorothy Kerin, 1889/90 - 1963)の例です。ドロシーは少女時代に病を重ね、ある日ついに最期のときを迎えました。数時間以内に亡くなることが確実な危篤状態に陥ったのです。しかしながら、死亡診断書を書くために翌朝ドロシー宅を訪れた医師は、事態が全く呑み込めませんでした。何年のあいだ寝たきりであったドロシーは、ベッドから起き上がって普通に歩くばかりか、階段を駆け上がったのです。その日の朝のドロシーは、それでも骨と皮のように痩せていましたが、翌日にはまったく健康な少女の体格となっていました。このときドロシーは自身が回復しただけでなく、他の人々を癒す能力をも授かっています。

 現在のルルドは一見したところ観光地のようにも見えますが、実際には聖母の出現という宗教的事件が起こった場所です。聖母の出現が歴史的真実であることは、数々の客観的資料によって、さらにその後起こった数々の出来事によって、疑う余地なく裏付けられています。聖母出現から百五十年あまりの時間が経ったいま、我々は本品メダイを単なる美術品あるいは装飾品と見做しがちですが、本品の浮き彫りは超自然的なメッセージを可視的に記録したものでもあります。





 本品はいずれの面の浮き彫りもたいへん美しく、ルルドの聖母を刻んだ数あるメダイのなかでも、美術工芸品の水準に達する作品のひとつです。宗教芸術家の仕事は、言葉で表現することが不可能な精神的内容を形象化し、観る者に直観させることです。歳若きマリアの信仰という目に見えない価値を、少女の表情のうちに可視化した本品の浮き彫りは、リュドヴィク・ペナンが有する優れた芸術的感覚、及び職人的技量の賚(たまもの)です。

 本品は九十年ないし百年あまり前のフランスで制作された真正のアンティーク品ですが、古い品物にもかかわらず、保存状態は極めて良好です。商品写真は大きく拡大していますので、突出部分の摩滅が判別可能ですが、実物を肉眼で見ると制作当時のままの状態であることがお分かりいただけます。特筆すべき問題は何もありません。





本体価格 16,800円

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




ルルドの聖母 二十世紀前半のメダイ (1) 商品種別表示インデックスに戻る

ルルドの聖母のメダイ 一覧表示インデックスに戻る


ルルドの聖母 全年代のメダイ 商品種別表示インデックスに移動する

各地に出現した聖母のメダイ 商品種別表示インデックスに移動する


聖母マリアのメダイ 商品種別インデックスに移動する

メダイ 商品種別インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS