ロザリオ、シャプレ、クーロンヌ

 カトリックの数珠をわが国では「ロザリオ」(rosario) と呼んでいますが、ポルトガル語及びイタリア語の「ロザリオ」は、ラテン語で「薔薇の花環(花綱、冠)」を表す「ロサーリウム」(ROSARIUM) に由来します。薔薇は聖母の象徴であり、聖母像に捧げる薔薇の花環あるいは薔薇の花の冠を、「ロサーリウム」(ロザリオ)と呼んだのです。

 フランス語ではロザリオを「ロゼール」(rosaire) または「シャプレ」(chapelet) といいます。「ロゼール」は特に15連のロザリオを指す語で、語形から明らかなように、ラテン語「ロサーリウム」に由来します。「シャプレ」は5連のロザリオを指しますが、この語は本来「被り物」を表す「シャペル」(chapelle) に縮小辞が付いたものであり、やはり花の冠を表します。ラテン語において「コローナ」(CORONA) は「冠」あるいは「花環」を表しますが、これに縮小辞が付いた「コローッラ」(COROLLA) は専ら「花環」を意味するのに似ています。ドイツ語ではロザリオを「ローゼンクランツ」(Rosenkranz) といいますが、これは文字通り「薔薇の花環」という意味です。

 ロザリオの多くは環状になっています。環状のロザリオは、フランス語で「クーロンヌ」 (couronne)、イタリア語で「コロナ」(corona)、英語で「クラウン」(crown) と呼ばれることがあります。いずれも「冠」の意味です。


 主要なロザリオとシャプレ

 主の五つの御傷のシャプレ、あるいは受難のシャプレ

 聖ミカエルのシャプレ (天使のシャプレ)




信心具に関するレファレンス インデックスに戻る

キリスト教に関するレファレンス インデックスに戻る


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する

キリスト教関連品 一覧表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS