ロレーヌ十字 croix de Lorraine

 二本の腕木を有するロレーヌ十字は、「総主教十字」(croix patriarcale) と呼ばれるものの一種です。フランス語でロレーヌ (la Lorraine)、ドイツ語でロートリンゲン (Lothringen) と呼ばれる地方は、アルザスとともに、帰属がドイツとフランスの間でしばしば替わってきました。そのためフランスにおいて、ロレーヌ十字は愛国心の象徴でもあります。

一般的なロレーヌ十字


 青色エマイユのロレーヌ十字 22.3 x 13.4 mm フランス 20世紀前半 販売終了 SOLD

 第一次世界大戦期または第二次世界大戦期 銀色の小さなロレーヌ十字 18.3 x 10.7 mm フランス

 第一次世界大戦期または第二次世界大戦期 愛国のロレーヌ十字 小さなサイズ ブロンズ製 18.4 x 11.1 mm 販売終了 SOLD

 第一次世界大戦期または第二次世界大戦期 大きめのロレーヌ十字 ブロンズ製 24.4 x 16.3 mm

 第二次世界大戦期 勝利のロレーヌ十字 ブロンズ製 21.6 x 14.0 mm

 800シルバーに金めっきのヴェルメイユ 第二次世界大戦期の小さなロレーヌ十字 17.6 x 10.9 mm 販売終了 SOLD


シオンの聖母騎士団のロレーヌ十字


 「シオンの聖母」のロレーヌ十字 56.4 x 36.3 mm フランス 20世紀中頃 販売終了 SOLD





クロスとクルシフィクス 商品種別表示インデックスに戻る

クロスとクルシフィクス 一覧表示インデックスに戻る


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS