第一次世界大戦期または第二次世界大戦期 銀色の小さなロレーヌ十字 18.3 x 10.7 mm


突出部分を含むサイズ 縦 18.3 x 横 10.7 mm

フランス  1910年代



 第一次または第二次世界大戦期のものと思われるロレーヌ十字 (Croix de Lorraine)。簡素なデザインで小さなサイズに作られています。素材は不明です。

 この時代のロレーヌ十字は大抵の場合ブロンズあるいは真鍮でできており、黄色っぽい色をしています。本品のように銀色ものは多くありません。


 フランス語でロレーヌ、ドイツ語でロートリンゲンと呼ばれる地域は、フランスとドイツの間でめまぐるしく帰属が変わりました。ドイツと常に対立を繰り返してきたフランスにとって、ロレーヌ十字は愛国心の象徴です。

 ロレーヌ十字はフランスの守護聖人とされるジャンヌ・ダルクの象徴でもあり、ジャンヌが生まれた村ドンレミ=ラ=ピュセルがあるロレーヌ地域圏の紋章にも使用されています。





5,800円 販売終了 SOLD

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




ロレーヌ十字 商品種別表示インデックスに戻る

クロスとクルシフィクス 一覧表示インデックスに戻る


クロスとクルシフィクス 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS