青色エマイユのロレーヌ十字 22.3 x 13.4 mm


突出部分を含むサイズ 縦 22.3 x 横 13.4 mm

フランス  20世紀前半



 フランスを象徴する色、青のガラスでエマイユ(七宝)を施したロレーヌ十字 (Croix de Lorraine)エマイユと金属部分の金色の対比が鮮やかです。

 ロレーヌ十字 (Croix de Lorraine) はフランスの守護聖人ジャンヌ・ダルクの象徴であり、ジャンヌが生まれた村ドンレミ=ラ=ピュセルがあるロレーヌ地域圏の紋章にも使用されています。

 1870年から 1871年にかけて戦われた普仏戦争の結果、フランスはアルザス、ロレーヌの一部をドイツに割譲し、この状態は第一次世界大戦でドイツが敗北した 1918年まで続きました。さらに第二次世界大戦初期の戦闘においてフランスがドイツに敗北した結果、アルザスとロレーヌはドイツに占領され、この状態は 1940年から 1944年にかけて続きました。

 アルザス、ロレーヌをドイツに奪われていた時代、ロレーヌ十字は祖国のシンボルとしてフランス人に愛されました。





11,800円 販売終了 SOLD

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




ロレーヌ十字 商品種別表示インデックスに戻る

クロスとクルシフィクス 一覧表示インデックスに戻る


クロスとクルシフィクス 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS