第一次世界大戦期または第二次世界大戦期 大きめのロレーヌ十字 ブロンズ製 24.4 x 16.3 mm


突出部分を含むサイズ 縦 24.4 x 横 16.3 mm

フランス  1910年代後半



 第一次または第二次世界大戦期のものと思われるブロンズ製ロレーヌ十字 (Croix de Lorraine)。シンプルな造形が特徴で、クロス本体の上部に孔を開け、同素材の環を取り付けています。大戦期のロレーヌ十字には小さなものが多く、大きなものを戦場で身に着けると邪魔になる、金属を節約する為に小さく作っている等の理由が考えられますが、本品はこの時代のものとしては比較的大きなサイズです。


 フランス語でロレーヌ、ドイツ語でロートリンゲンと呼ばれる地域は、フランスとドイツの間でめまぐるしく帰属が変わりました。ドイツと常に対立を繰り返してきたフランスにとって、ロレーヌ十字は愛国心の象徴です。

 ロレーヌ十字はフランスの守護聖人とされるジャンヌ・ダルクの象徴でもあり、ジャンヌが生まれた村ドンレミ=ラ=ピュセルがあるロレーヌ地域圏の紋章にも使用されています。





6,800円

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




ロレーヌ十字 商品種別表示インデックスに戻る

クロスとクルシフィクス 一覧表示インデックスに戻る


クロスとクルシフィクス 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS