フィリップ・シャンボー
Philippe Chambault, 1930 -




(上)  極稀少品 フィリップ・シャンボー作 殉教者聖ヴァランタン 花とハートの大型メダイ 直径 28.2 mm フランス 1960年代 当店の商品


 フィリップ・シャンボー(Philippe Chambault, 1930 - )はフランスのメダユール(仏 médailleur メダイユ彫刻家)、及びスキュルプトゥール(仏 sculpteur 丸彫り彫刻家)です。


【フィリップ・シャンボーの経歴】

 フィリップ・シャンボーは 1930年8月9日、パリ南郊シャトネ=マラブリ(Châtenay-Malabry イール=ド=フランス地域圏オ=ド=セーヌ県)で生まれました。パリの応用美術工芸学校(École Nationale Supérieure des Arts Appliqués et des Métiers d'Art, ENAAMA)に入学して木彫りを中心に学んだ後、1954年にジョルジュ・セラ(Georges Serraz, 1883 - 1964 註1)のアトリエに入り、それまで助手を務めていたアンリ・デュナンに替わってジョルジュ・セラの仕事を手伝いながら研鑽を積みました(註2)。

 フィリップ・シャンボーは、この頃、彫刻家ルイ・デルブレ(Louis Derbré, 1925 - 2011)と親交を結びました。ルイ・デルブレは具象彫刻を復権させた功績で知られる人物です。シャンボーはデルブレに勧められていくつかの美術展に出品し、1956年にフェネオン賞(le prix Fénéon 註3)、1957年にヴィキン賞(le Prix des Vikings)を受賞しています。

 シャンボーは 1961年にソミュールのメダイユ工房ジ・バルム(la société J. Balme)に入ります。この頃のシャンボーが住んでいたのはソミュールではなく、スイス国境に近いアルプスの村ヴァロルシン(Vallorcine オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏オート=サヴォワ県)でしたが、シャンボーは在宅で仕事をし、ジ・バルム社から給与を支払われていました。シャンボーはジ・バルムのために、宗教、スポーツ、地方をはじめ、多岐に亙るテーマのメダイユを制作しました。

 シャンボーがジ・バルムのために作ったなかで最もよく知られた作品の一つは、第二次世界大戦後の仏独の和解をテーマに制作された記念碑用メダイヨン(大型メダイユ)です。メダイヨンの図柄はシャルル・ド・ゴールとコンラート・アデナウアーの横顔を重ね、「レコンシリアシオン・フランコ=アレマンド」(RÉCONCILIATION FRANCO-ALLEMANDE 仏独和解)の文字が周囲を取り巻いています。このメダイヨンを嵌め込んだ記念碑は、ヴェルダン近郊のクレルモン=アン=アルゴンヌ(Clermont-en-Argonne グラン・テスト地域圏ムーズ県)をはじめ、いくつかの場所に建っています。


 Philippe Chambault, Le Grand Calvaire, Issoudun, 1987


 ジ・バルムのためにメダイユを制作する傍ら、フィリップ・シャンボーは独自の創作活動も続けました。独自の作品には宗教をテーマにしたものが多く、ストラスブールの神学校のために制作したカルヴェール(仏 calvaire 十字架の場面を表したキリストと聖母の像)は代表作と考えられています。このカルヴェールは1987年に作られたもので、木とブロンズでできており、高さは三メートルです。現在はイスダンのバジリク・ノートル=ダム・デュ・サクレ=クール(La Basilique de Notre-Dame du Sacre-Cœur, Issoudun 聖心の聖母のバシリカ)の内陣にあります。


 1988年、ジョルジュ・ベス(Georges Besse, 1927 - 1986)は多数の国営企業の社長を務めた重要人物ですが、1986年に極左テロリストに暗殺されました。

 南仏ローヌ渓谷の町ピエルラト(Pierrelatte オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏ドローム県)のトリカスタン原子力地区(Le site nucléaire du Tricastin)には、原子力発電の関連施設が集まっています。ジョルジュ・ベスは、1973年、ウラン濃縮のためにここに設立されたユーロディフ(European Gaseous Diffusion Uranium Enrichissement Consortium)の所長に就任し、1978年からウラン濃縮工場を稼働させました。この工場は当初は「ユーロディフ工場」(l'usine Eurodif)という名前でしたが、1988年にジョルジュ=ベス工場(l'usine Georges-Besse)と改称されました。工場の改称にあたり、現地にはジョルジュ・ベスの記念碑が建てられましたが、フィリップ・シャンボーはこのメダイヨンを制作しています。

 パリ郊外サン=トゥアンに本社がある多国籍企業アルストム(la société G.E.C.-Alsthom)は、1989年、第一回目のコルベール賞(la prix Colbert de l'industrie)を受章しました。フィリップ・シャンボーはこのときのメダルを彫っています。

 ジャン・モネ(Jean Omer Marie Gabriel Monnet, 1888 - 1979)はフランスの銀行家であり、ヨーロッパ統合に最も功績があった一人として知られます。1991年、フィリップ・シャンボーはジャン・モネの胸像を制作しています。この胸像はブダペストにあります。



註1 ジョルジュ・セラ(Georges Serraz, 1883 - 1964)はレズシュ(Les Houches オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏オート=サヴォワ県)の「ル・クリスト=ロワ」("Le Christ-Roi", 「王たるキリスト」 1933年)、並びにマ=リリエの「聖心の聖母」(1938 - 1941年)の作者として特によく知られています。

 マ・リリエの「聖心の聖母」 ジョルジュ・セラによる雛型彫刻 古い絵葉書から

註2 ちなみにアンリ・デュナン(Henri Dunand)がセラのアトリエを辞した理由は、故郷に戻って家業を継ぐためでした。アンリ・デュナンの故郷は、スイス国境に近いアルプスの村ヴァロルシン(Vallorcine オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏オート=サヴォワ県)です。フィリップ・シャンボーはアンリ・デュナンに誘われ、1961年以降この村に別宅を構えることになります。

註3 フェネオン賞(le prix Fénéon)は批評家フェリクス・フェネオン(Félix Fénéon, 1861 - 1947)を記念して 1949年に創設されました。三十五歳以下の若手作家または画家、彫刻家を対象としています。



関連商品

 極稀少品 フィリップ・シャンボー作 殉教者聖ヴァランタン 花とハートの大型メダイ 直径 28.2 mm フランス 1960年代

 極稀少品 フィリップ・シャンボー作 スターバト・マーテル 悲しみの聖母 52.0 x 24.1 mm フランス 1940年代頃 販売終了 SOLD

 稀少品 フィリップ・シャンボー作 非常に大きな不思議のメダイ 51.8 x 24.3 mm 販売終了 SOLD




フランスのメダイユ芸術の歴史 インデックスに戻る


メダル、メダイユのレファレンス インデックスに移動する

美術品・工芸品のレファレンス インデックスに戻る


美術品・工芸品 商品種別表示インデックスに移動する

近世以前の美術品・工芸品とレファレンス 一覧表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS