極稀少品 マリ=ベルナール修道士作 「福者 幼きイエスのテレジア」 1923年 列福記念メダイ 最も大きな最初期の作例 直径 25.0 mm


突出部分を除く直径 25.0 mm

フランス  1923年



 1923年にリジューのテレーズが列福された際の記念メダイ。テレーズやベルナデット・スビルー、聖母をテーマに、数多くの美しい彫刻作品を制作したトラピスト修道士、マリ=ベルナール修道士 Fr. Marie-Bernard (俗名 ルイ・リショム Louis Richomme, 1883 - 1975)の作品です。

 本品は突出部分を除いて二十五ミリメートルの直径を有します。筆者(広川)はリジュ―のテレーズをテーマにしたメダイをこれまでに多数扱ってきましたが、本品はそのなかで最も大きいサイズです。





 表(おもて)面にはカルメル会の修道衣を着たテレーズの上半身を浮き彫りで表し、周囲にラテン語で「幼きイエスの福者テレジア」(BEATA TERESIA A JESU INFANTE)と記しています。

 テレーズはカルメル会の修道女の服装、すなわち茶色の修道衣、薄茶色のマント、白のウィンプル、黒の頭巾を身に着け、眼差しを真っ直ぐに神へと向けています。聖女はあたかも幼子を抱くかのように愛しげに、クルシフィクスを胸に抱いています。

 受難の象徴であるクルシフィクスは咲きこぼれる薔薇に埋もれています。この薔薇は十字架上の受難において極点に達し、聖女の魂に照り映える神の愛の形象化であると同時に、あたかも力学的な反作用のように、聖女の魂のうちに芽生え、実を結んで神へと向かう愛の形象化でもあります。





 メダイの下部に、マリ=ベルナール修道士の署名(Fr. M - Bernard R)が刻まれています。この署名は略記されていますが、省略せずに書くと「フレール・マリ=ベルナール・リショム」(Frère Marie-Bernard Richomme)となります。「フレール」(frère)はフランス語で「兄弟」、すなわち「修道士」のことです。マリ=ベルナール修道士は俗名をルイ・リショム(Louis Richomme)といい、「リショム」はマリ=ベルナール修道士のノム・ド・ファミーユ(nom de famille 姓名の「姓」、苗字)です。





 上の写真に写っている定規のひと目盛は、一ミリメートルです。拡大写真を見ると本品の浮き彫りはあたかも等身大のテレーズ像と錯覚しそうになりますが、本品は直径二十五ミリメートルのメダイユであり、聖女の頭部は高さ五ミリメートル強、目鼻口の各部は一ミリメートル未満の極小サイズです。クルシフィクスのキリスト像、薔薇の花、一枚一枚の葉も、すべて一ミリメートル前後の大きさで制作されています。





 福者テレーズは世人を驚かせるような出来事や奇跡によらず、神と隣人への愛の行ないを小さな花のように咲かせることにより、周囲の人々の魂を少しずつ神へと向けてゆきました。マリ=ベルナール修道士は、テレーズの後光に鋸歯状の輪郭を持たせることで、愛の光に柔らかい広がりを持たせ、「小さき花」に最もふさわしい形で聖性を表現しています。




(上) マリ=ベルナール修道士作 「ノートル=ダム・ド・ラ・コンフィアンス」(ソリニ=ラ=トラプの「信頼の聖母」) 1947年頃のエリオグラヴュール 120 x 70 mm 当店の商品です。


 聖母マリアをはじめとする古代の聖女たちは、実際の顔立ちが分からないぶん、かえって彫刻しやすいといえます。しかるに十九世紀末の人物であるテレーズ・マルタン(リジュ―のテレーズ)は、1920年代の時点において、家族や教会関係者をはじめ、交流があった多数の人々が存命中でした。写真も残っていて、だれもがテレーズの顔立ちをよく知っていました。したがってテレーズ像を彫るのは、マリア像を彫るよりも困難です。

 さらに宗教のメダイにおいては、テレーズの外見に似せるに止まらず、その信仰心、聖性の薫りを小さなメダイの浮き彫りに表現しなければなりません。芸術家としての才能、職人的技量に加えて、深い信仰を併せ持ち、修道女テレーズと共感できるマリ=ベルナール修道士は、テレーズの表情に滲み出る内面の信仰を形象化し、聖女を通して神を讃える信心具の制作に、この上ない適任者といえましょう。


 マリ=ベルナール修道士と「ほほえみの聖母」


 マリ=ベルナール修道士は 1922年に、薔薇の溢れるクルシフィクスを胸に抱いたテレーズ像を、リジューのカルメル会修道院のために制作しています。この丸彫り彫刻に基づくテレーズのメダイは様々なメダユール(メダイユ彫刻家)によって制作されていますが、本品はその翌年、丸彫り像と同じ意匠に基づいて、マリ=ベルナール修道士自身が制作した列福記念メダイです。

 リジュ―のテレーズは一介の修道女としてカルメル会会則に従い、従順、貞潔、清貧を心から喜んで、イエスへの愛に生きました。神の愛に焼かれ、イエスへの愛に地上の生を燃やし尽くした小さき花の聖性を、マリ=ベルナール修道士は小さなメダイに溢れさせています。





 裏面には地上に向けて天から降り注ぐ薔薇の雨を、巧みな浮き彫りによって表しています。薔薇は愛の象徴です。 星に対置されて図像下部に見える球は、被造的世界を象徴します。周縁部下部の盾形は、跣足カルメル会の紋章の一部です。図像の周囲に、テレーズの言葉をラテン語で記しています。

  ROSARUM IMBREM E CŒLO EFFUNDAM.  私は天から薔薇の雨を降らせましょう。





 上の写真に写っている定規のひと目盛りは、一ミリメートルです。本品は類品に比べて最も大きな作例であるとはいえ、直径二十五ミリメートルのメダイですから、浮き彫りの各部分は極小サイズで制作されています。裏面では文字の高さが二ミリメートル弱、薔薇の花の直径は一ミリメートル強という小ささですが、それにもかかわらず花の形は綺麗に整い、一枚一枚の花びらまでもが表現されています。

 輪郭線がはっきりとした浮き彫り彫刻は比較的容易に制作できます。しかしながらマリ=ベルナール修道士はこの作品において、天上界を象徴する雲、地上に降り注ぐ恩寵の光、下部の球体を囲む雲など、不定形のものを全く自然に表現しています。これらの図像的要素を浮き彫りによって表現するのはたいへん難しいことです。現実の風景と錯覚させるまでに自然な本品の仕上がりに、メダユール(メダイユ彫刻家)の腕の冴えを見ることができます。





 上の写真は本品を男性店主の手に乗せて撮影しています。本品はテレーズのメダイのなかで最も大きな作例ですが、女性が実物をご覧になれば、写真に比べてもうひと回り大きく感じられます。

 このメダイは九十五年前のフランスで制作された真正のアンティーク品です。たいへん古い物であるにもかかわらず保存状態は優れており、突出部分の磨滅もごく軽微です。商品写真は実物を実際とかけ離れたサイズに拡大しており、小さな疵(きず)や汚れが判別可能ですが、実物を肉眼で見ると写真よりもはるかに綺麗です。特筆すべき問題は何もありません。





 リジューのテレーズは1923年に列福された後、早くも二年後の 1925年に聖者に列せられました。テレーズが福者であった期間はわずか二年しかないゆえに、「聖テレーズ」のメダイに比べて「福者テレーズ」のメダイは圧倒的に少なく、めったに手に入りません。本品は細密浮き彫りによる外見的描写が優れているだけでなく、修道士が制作した作品にふさわしい深い精神性を備えています。マリ=ベルナール修道士によるテレーズの彫刻群はよく知られ、作品の複製は数多く目にしますが、修道士自身の署名が入った作品はたいへん稀少です。





22,800円

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




リジューの聖テレーズ(幼きイエズスの聖テレジア)のメダイ 商品種別インデックスに戻る

諸聖人と天使のメダイ 一覧表示インデックスに戻る


諸聖人と天使のメダイ 商品種別表示インデックスに移動する

メダイ 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS