七つの悲しみの聖母のシャプレ
chapelets de Notre-Dame des sept douleurs


 七つの悲しみの聖母のシャプレ(chapelet de Notre-Dame des sept douleurs)は、聖母のしもべ会 (ORDO SERVORUM BEATAE MARIAE VIRGINIS, the Servite Order) で使用されるシャプレ(ロザリオ)です。このシャプレにおいては七個のビーズが「週」と呼ばれる連となり、これが七連(七週)連続して環をなします。

 クラウン(環状の部分)には七枚のメダイが使われる場合があります。それぞれのメダイの片面には、聖母の七つの苦しみ(シメオンの預言、エジプトへの逃避、神殿でイエスとはぐれたこと、カルヴァリの丘に向かうイエスに会ったこと、イエスの磔刑、イエスの降架、イエスの埋葬)の図柄が刻まれ、もう一方の面には、心臓を七本の剣で刺し貫かれた悲しみの聖母(マーテル・ドローローサ)が刻まれます。

 販売済み商品は、こちらに移しました。


 聖母のしもべ会 七つの悲しみの聖母のシャプレ アルミニウム製メダイユに黒い木製ビーズ 全長 47.5 cm イタリアまたはフランス 十九世紀末頃

 聖母のしもべ会 七つの悲しみの聖母のシャプレ 全長 52.5 cm 白木のビーズによる素朴で重厚な作例 フランスまたはイタリア 二十世紀中頃




聖母のロザリオとシャプレ 商品種別表示インデックスに戻る

聖母のロザリオとシャプレ 一覧表示インデックスに戻る


ロザリオとシャプレ 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS