大天使ミカエル
Archangel Michael


 ミカエルは神の御前にいる最高位の天使のひとりで、邪悪な力と戦う天の全軍を率いています。プロテスタントにおいては唯一の大天使、ローマ・カトリックにおいてはガブリエル、ラファエル、ウリエルとならぶ大天使のひとりと考えられています。

 この大天使は神の意志に逆らうことが無いゆえに、へブル語で「神の如き者」を意味する「ミカエル」という名前を持っています。へブル語「ミカエル」は、ラテン語では「クイス・ウト・デウス」(羅 QUIS UT DEUS)と訳されています。「クイス」(QUIS)は「誰か?」を表す男性単数主格形の疑問代名詞、あるいは「或る者」を表す男性単数主格形の不定代名詞です。「ウト」(UT)は「あたかも…のように」を表す接続詞です。「デウス」(DEUS)は「神」の男性単数主格形で、「神が」という意味です。したがって「クイス・ウト・デウス」は「神が為し給うように為すのは誰か?」(QUIS FACIT UT DEUS FACET)、あるいは「神が為し給うように為す者」(ALIQUIS QUI FACIT UT DEUS FACET)という意味です。


 ラファエロ 「聖ミカエルとサタン」 カンヴァスに油彩、マドリッド、プラド美術館 

 ドラクロワ 「悪魔に打ち勝つ聖ミカエル」 漆喰に油彩とワックス、パリ、サン・シュルピス教会 1854 - 61年


 大天使ミカエルに関して、旧約聖書においてはダニエル書10章13節以降、および12章1節に言及があります。

     「ペルシア王国の天使長が21日間わたしに抵抗したが、大天使長のひとりミカエルが助けに来てくれたので、わたしはペルシアの王たちのところにいる必要がなくなった。」 ダニエル書 10:13 (新共同訳)


 新約聖書においてはユダ書9節およびヨハネの黙示録12章7節に登場します。

     「さて、天で戦いが起こった。ミカエルとその使いたちが、竜に戦いを挑んだのである。竜とその使いたちも応戦したが、勝てなかった。そして、もはや天には彼らの居場所がなくなった。この巨大な竜、年を経た蛇、悪魔とかサタンとか呼ばれるもの、全人類を惑わす者は、投げ落とされた。地上に投げ落とされたのである。」 ヨハネの黙示録 12:7 - 9 (新共同訳)


 サタンにとって最も手強い敵とされ、現在では戦士のイメージが強い大天使ミカエルですが、歴史的に見ると病からの癒しをもたらす天使としての属性も付与されています。古代には、ミカエルは軍人のイメージよりもむしろ病の癒やし手とみなされていました。ミカエルの崇敬が最初に行われたフリギア(小アジアの中心部)においても病を癒す天使としてのミカエルが強調され、パウロの書簡で知られるコロサイにはミカエルのがあって、その水を浴びた病人は瞬時に癒されたと伝えられています。

 ちなみに伝説によると、口が利けない娘をこの泉によって癒された父親が、感謝の印に教会堂を建てますが、異教徒がこの教会を破壊することを企み、近くを流れる二つの川を合流させて、その激流を教会に向けました。信徒の祈りに答えて姿を現した大天使ミカエルが地を引き裂くと、水は全て岩の裂け目に流れ込み、教会は破壊を免れました。

 9月6日はこのコロサイの奇跡の祝日です。歴代ロシア皇帝はモスクワのクレムリンにあるチュードフ修道院で受洗しますが、チュードフ修道院は正式名をアレクセイ大天使ミハイル修道院といい、コロサイの奇跡の祝日を記念して名づけられています。


 12世紀のイコン 「コロサイの奇跡」 シナイ山、聖カタリナ修道院蔵


 また 590年、ローマに悪疫が流行した際にローマ教皇グレゴリウス1世が祈ると、大天使ミカエルがハドリアヌス廟の上に姿を現しました。ミカエルは鞘に収めた剣を手にしており、これは流行病の終息を意味していました。このとき以来ハドリアヌス廟はサン・タンジェロ城と呼ばれるようになって今日に至ります。


 サンタンジェロ城


 大天使ミカエルは死にゆく者を訪れて救いの機会を与え、死者を天に導き、その魂を天秤にかける天使でもあります。中世の教会や修道院では、死者の魂を天秤で量っている大天使ミカエルの姿が壁画や彫刻、ステンドグラスに描かれています。魂を載せた反対側には、自分たちのほうに天秤を傾けようとする悪魔がぶら下がっていることもよくあります。





 異教時代のガリアではメルクリウスが盛んに崇拝されました。メルクリウスの神殿は山頂などの高所にありました。ガリアがキリスト教化されたとき、このメルクリウスと交代したのがミカエルです。それゆえミカエルの聖地はメルクリウスと同様に高所にあります。

 西ヨーロッパにおける大天使ミカエルの霊場として最も有名なのは、ノルマンディーのモン=サン=ミシェルです。708年、大天使ミカエルがアヴランシュ司教聖オベール (St. Aubert d'Avranches, + c. 725) に現れて、この地に教会を建てるように命じたといわれています。


 モン・サン・ミシェル


 大天使ミカエルの祝日は9月29日で、この日はガブリエルとラファエルの祝日ともされています。


 大天使ミカエルは落下傘兵、警察官、船員、食料品商、パラメディック(救急救命士)、病人の守護天使とされています。

 また多数の山を聖域としていたゲルマン神話のヴォータン(ヴォーダン、オーディン)と習合したために、ドイツの山中にはミカエルに捧げられた教会が多数あり、ミカエルはドイツの守護天使ともされています。



関連商品

 大天使ミカエルのメダイ

 大天使ミカエルのロザリオ

 天使のカニヴェ




天使と諸聖人のレファレンス インデックスに戻る

キリスト教に関するレファレンス インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 その他の商品とレファレンス 一覧表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS