稀少品 福者マルグリット=マリ 《遺体の上に置いた布 紙封筒のルリケール 43 x 25 mm》 聖母訪問会トゥールーズ修道院

Linge posé sur les ossements de la Bienheureuse Marguerite-Marie Alacoque


紙封筒のサイズ 43 x 25 mm

フランス  1860年代後半以降、1920年以前



 聖心の信心を広めた聖母訪問会の修道女、マルグリット=マリ・アラコック (Ste. Marguerite-Marie Alacoque, 1647 - 1690) 聖遺物。マルグリット=マリの遺体に触れさせた布を紙包みに封入し、聖母訪問会の紋章とトゥールーズ修道院の名前を刷った紙片で封緘しています。百年以上前に制作された真正のアンティーク品ですが、古い年代にも関わらず非常に良好な保存状態です。





 紙包みの表(おもて)面には、次の言葉がフランス語で記されています。

  Linge posé sur les ossements de la Bienheureuse Marguerite-Marie Alacoque  福者マルグリット=マリ・アラコックの遺体に置いた布

 マルグリット=マリは教皇ピウス九世によって 1864年に列福、教皇ベネディクトゥス十五世によって 1920年に列聖されました。本品は良好な保存状態のせいで実際の年代よりも新しく見えますが、マルグリット=マリが列聖された1920年よりも以前に制作された物です。マルグリット=マリの尊称はサント(Ste/Sainte 聖…)ではなく、ビャヌールーズ(Bse/Bienheureuse 福者)となっています。





 紙包みの裏側は、聖母訪問会(仏 l'ordre de la Visitation Sainte-Marie)の紋章付き封印で封緘されています。「モナステール・ド・ラ・ヴィジタシオン・ド・トゥールーズ」(仏 MONASTÈRE DE LA VISITATION DE TOULOUSE 聖母訪問会トゥールーズ修道院)の文字が、紋章を取り巻いています。

 封印に刷られている聖母訪問会の紋章は単色ですが、本来は金色の地の中央に赤い心臓を描きます。心臓は黒い十字架を突き立てられ、二本の金の矢に貫かれています。矢羽は銀色です。イエズス(希 IHSOYS)を表すクリストグラム「イオタ、エータ、シグマ」(IHS)、及び「アウスピケ・マリアエ」(羅 AUSPICE MARIAE ラテン語で「マリアの庇護の下に」)を表すラテン文字エム、アー(MA)が心臓の上に重ねられ、茨の冠が全体を取り巻きます。茨は緑ですが、は血で赤く染まっています。





 十九世紀のフランスでは、マルグリット=マリの列福を機にキリストの啓示を記した「第九十八書簡」が公開されたことで、悔悛のガリア(羅 Gallia paenitens)の信仰復興運動が起こりました。モンマルトルのサクレ=クール教会をはじめとする第二帝政時代の教会建築、及び美しいアンティーク品として現在まで伝わる信心具の数々は、マルグリット=マリの列福を中心点の一つとして、あたかも水面のさざ波のように、当時のフランス社会に広がっていった信仰深い時代精神の遺産です。

 マルグリット=マリは近代フランスにとって最も重要な聖人のひとりといえますが、その聖遺物はリジューの聖テレーズのものと比べると、格段に入手困難です。特に聖人がいったん列聖されると永遠に聖人であり続けますが、福者である期間は限られています。それゆえマルグリット=マリが福者であった時代の聖遺物である本品は、この聖女の数少ない聖遺物の中でも、とりわけ稀少な品物といえます。





14,800円 + 税

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




聖マルグリット=マリの聖遺物 商品種別表示インデックスに戻る

キリスト教関連品 その他の商品と解説 一覧表示インデックスに戻る


簡易なルリケール 携帯可能な聖遺物 商品種別表示インデックスに移動する

聖遺物、スカプラリオ、アグヌス・デイなど 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS