ヨンガー・エ・ブレッソン
Yonger & Bresson





 ヨンガー・エ・ブレッソン(Yonger & Bresson)は 1975年にパリで商標登録され、現在はフランスのアンブル社(MONTRES AMBRE S.A.)が展開する時計ブランドです。ヨンガーは英語のヤンガー(younger)に由来し、進化し続ける時計の若々しさを表します。ブレッソンは写真家アンリ・カルティエ・ブレッソン(Henri Cartier Bresson, 1908 - 2004)に由来します。アンリ・カルティエ・ブレッソンの作品は細部の克明な描写で知られ、時計の正確さと相通ずるものがあります。

 ヨンガー・エ・ブレッソンはもともとスイスのETA社やセイコー、シチズンなどの他社製ムーヴメントを使用していましたが、 2011年に独自の自動巻ムーヴメントを開発しました。ヨンガー・エ・ブレッソン製自動巻ムーヴメントには現在三種類があり、設計、製作、組み立てのすべてが、モルトーのアンブル社で行われています。モルトー(Morteau ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏ル・ドゥ県)はスイスとの国境に近いフランス東部の町です。


【ムーヴメント AMBRE MPB 1000 --- 自動巻 29石 28,800振動】

《セルニー》



 ヨンガー・エ・ブレッソンは自社製ムーヴメントを搭載した機種にフランスの城の名前を付けています。セルニー(Cerny イール=ド=フランス地域圏エソンヌ県)はパリの南四十一キロメートルにある町で、シャトー・ド・ヴィリエ(le château de Villiers)と呼ばれる城を有します。シャトー・ド・ヴィリエは元の名をヴィリエ=ル=シャテル(Villiers-le-Châtel)といい、1006年に記録を遡ります。


 ヨンガー・エ・ブレッソン 《セルニー 生命をもたらす月の時計》 真珠母貝文字盤 ステンレス・スティール製ケース 裏スケルトン 直径 37ミリメートル 新品

 ヨンガー・エ・ブレッソン 《セルニー ローズ・ゴールド》 しっくりと肌になじむ大人の金色 上質のカクテルのようなフランスの薫り 直径 37ミリメートル 新品

 ヨンガー・エ・ブレッソン 《セルニー ホワイト 清澄な愛と生命の時計》 真珠母貝文字盤 ステンレス・スティール製ケース 裏スケルトン 直径 37ミリメートル 新品

 ヨンガー・エ・ブレッソン 《セルニー・ニュイ 見えないものの力を思い出させる時計》 回転する星座盤 ギョーシェ彫り文字盤 サファイア風防 大きめのケース 直径 40ミリメートル 新品


《ソミュール》



(上) 「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」 九月の挿絵 "Les Très Riches Heures du duc de Berry", vers 1440, musée Condé, Ms.65, f.9v

 ソミュール(Saumur ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏メーヌ=エ=ロワール県)はロワール河畔にあるフランス西部の町です。ロワール河はソミュール西郊でトウェ川と合流しますが、この合流点で優雅な姿を見せるシャトー・ド・ソミュール(ソミュール城)は、「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」の九月の挿絵に描かれています。ソミュールはワインの名産地、国立乗馬学校の所在地、ココ・シャネルの出身地でもあります。


 ヨンガー・エ・ブレッソン 《ソミュール 手首に着けるミクロコスモス》 宇宙に同期する時計 真珠母貝文字盤 ステンレス・スティール製ケース 直径 36.5ミリメートル 新品



【ムーヴメント AMBRE MPB 1030 --- 自動巻 35石 28,800振動】

《ラルジャンティエール》



(上) le château de Largentière ラルジャンティエール城 フランスの古い絵葉書から

 ラルジャンティエール、オック語地名ラルジャンティエラ(L'Argentèira)は南フランスのオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏アルデシュ県にある小さな町で、十八世紀以降この名前で呼ばれています。ラルジャンティエール(ラルジャンティエラ)の原意は「銀鉱」ですが、その名の通り当地には銀を含む亜鉛と鉛の鉱床があって、中世以来採掘が行われてきました。当地の現在の人口は 1600人ほどにすぎませんが、城は大きく立派です。


 ヨンガー・エ・ブレッソン 《ラルジャンティエール ディアマン》 真珠母とダイヤモンド 優れたデザインのうちに生命のほとばしりを捉えた時計 直径 37ミリメートル 新品



《シャンボール》



(上) Van der Meulen, "Louis XIV devant le château de Chambord" 十七世紀のシャンボール城。フランドル出身の宮廷画家ファン・デル・ミューレン(Adam-François van der Meulen, 1632 - 1690)の作品

 シャンボール(Chambord サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏ロワール=エ=シェール県)はブロワの東およそ10キロメートルに位置します。フランソワ一世(François Ier, 1515 - 1547)はここに北方ルネサンス様式の巨大な城を建てました。城の設計には、当時フランス宮廷に滞在中のレオナルド・ダ・ヴィンチも関わったと考えられています。シャンボール城はヨーロッパで最も有名な城の一つで、ユネスコ世界遺産にも指定されています。


 ヨンガー・エ・ブレッソン 《シャンボール ローズ・ゴールド 35石自動巻》 日付およびパワー・リザーヴ表示 サファイア風防 直径 39ミリメートル 新品




現代の機械式腕時計 商品種別表示インデックスに戻る

現代の機械式腕時計 一覧表示インデックスに移動する


時計と関連用品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS