ペルル・ド・ジャカン
perles de Jacquin




(上) 針金の造花や紙細工と共に、アグヌス・デイを飾るペルル・ド・ジャカン。1920年代のフランスで制作されたもの。


 ペルル・ド・ジャカンは 17世紀から 1920年代末まで生産が続いた模造真珠の一種です。


【ペルル・ド・ジャカンの発明と生産】

 ペルル・ド・ジャカン(perles de Jacquin フランス語で「ジャカンの真珠」の意)は、パリでロザリオ等の信心具を作っていたジャカン (Jacquin) という名前の職人が、1680年頃に発明した模造真珠です。ジャカンは、アブレット ablette (英語では、ブリーク bleak コイ科ウグイ亜科の淡水魚)の鱗が真珠に似た輝きを発するのに気付いて、模造真珠の製法を考え付いたといわれています。(註1)

 ジャカンは細いガラス管の途中を膨らませる方法で中空のガラス球を作り、アブレットの鱗から集めた「エサンス・ドリャン」(essence d'orient 註2)、すなわち魚鱗における真珠様(よう)光沢の原因物質であるグアニンのペーストを、ガラス球の内側に塗布し、このガラス球に白色の蝋を充填しました。この方法により、ジャカンは非常に高価な宝石であった真珠の模造に成功したのです。


(下) 右下がアブレット(ブリーク)。19世紀初頭にイギリスで制作されたコッパー・エングレーヴィング。




 ペルル・ド・ジャカンの製法はフランスからポーランドやドイツをはじめとするヨーロッパ諸国、及びアメリカに伝わっただけでなく、明治末年には日本でも製造が始まりました。日本製のペルル・ド・ジャカンにはタチウオ由来のグアニンが使用されていました。

 1860年頃から1930年頃にかけて、南フランスのランジャク(Langeac オーヴェルニュ地域圏オート=ロワール県)は、フランスにおけるペルル・ド・ジャカン製造の一大中心地でした。もともとランジャクではレース編みの制作が盛んで、女性たちが重要な労働力となっていましたが、1860年頃に始まったペルル・ド・ジャカン製造も女性の仕事でした。1910年にはランジャクにおいて220名の女性がペルル・ド・ジャカン製造製造に携わり、うち180名は自宅を仕事場にしていたとの統計が残っています。ランジャク近郊で仕事をした人たちも合わせると、500名から 600名の女性たちがこの仕事に携わっていました。女性たちは非常に細いガラス管をバーナーであぶってガラス球を作り、ペルル・ド・ジャカンを製作しました。ランジャクのペルル・ド・ジャカンはレース編みをはじめとする服飾分野ばかりでなく、ランプの笠や葬儀のミサの花輪にも使われました。


 ランジャク近辺におけるペルル・ド・ジャカン作りは 1930年頃に途絶えます。これに替わったのがガラス玉の外側に「エサンス・ドリャン」を塗った模造真珠で、バルセロナにおいて20世紀の初頭から製造されていました。バルセロナの模造真珠産業は 1920年頃にマジョリカ島に移り、以後、模造真珠「マジョリカ」が世界に広まります。



註1 真珠貝の内側や真珠の表面に形成される真珠層は、蛋白質で結合されたアラゴナイト(炭酸カルシウム CaCO3) の多層膜で成り立っています。ここに入射した光が干渉を起こすことにより、真珠光沢が生まれています。一方、魚の鱗やタチウオの体表においては、DNA, RNAを構成する塩基のひとつとして知られるグアニン(C5H5N5O)の結晶が多層膜を形成し、ここに入射した光が干渉を起こして、真珠様(よう)の光沢が生まれます。貝の真珠層と魚の鱗では干渉の原因となる層の物質が異なりますが、いずれも似た仕組みで生じる構造色であることがわかります。

註2 「オリエント」(orient) はフランス語では「オリャン」と発音します。「オリエント」「オリャン」の原意は「日の昇るところ」、すなわち「東方」「東洋」ですが、英語においてもフランス語においても、この語には「真珠光沢」という意味があります。



関連商品

 極稀少品 「無原罪の御宿り」と「神の子羊」 銀紙細工とパプロールで飾った大型アグヌス・デイ 1909年 修道院の額入り 180 x 140 x 25ミリメートル フランス

 大型の額入り 教皇レオ13世のアグヌス・デイ 貝殻と金色のロープワークによる装飾 39 x 34 x 8センチメートル フランス 1914年




宝石とジュエリーのレファレンス インデックスに戻る


宝石とジュエリー 一覧表示インデックスに移動する

宝石とジュエリー 商品種別表示インデックスに移動する



アンティーク アナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS