小さな美術品 手作りのガラス・ビーズに美麗銀無垢メダイ 初聖体を受ける少女のブレスレット型シャプレ フランス製アンティーク 有効長 16 cm フランス 1900 - 30年代


ブレスレットを閉じたときのサイズ 16 cm

全長 17.5 cm


突出部分を除くメダイの直径 9.3 mm

ビーズの直径 7 mm


フランス  1900 - 30年代



 初聖体またはコミュニオン・ソラネルを受ける少女のためのブレスレット型ロザリオ。およそ百年前のフランスで制作されたアンティーク品で、一枚のメダイと十一個のビーズで構成されています。円形メダイの環状部分に、純度八百パーミル(800/1000 八十パーセント)の銀を表す蟹のポワンソン(貴金属検質所の刻印)が確認できます。





 このブレスレット型ロザリオを平らなところで一直線に伸ばして測ると、全長は 17.5センチメートル、有効長は 16センチメートル余りです。ここでいう有効長とは、手首への装着時に環状になる部分の長さのことです。手首周りが小さめの方は、本品を快適にご着用いただけます。

 可愛らしい玉のビーズは、無色のガラスでできています。全くの手作りですので一つひとつの形が異なり、サイズにもばらつきがあります。内部に微小な気泡を含むガラスは古い時代の素朴な味わいを伝えるとともに、眺めていると小宇宙のようにも思えてきます。ビーズの表面に瑕(きず)は無く、きらきらと美しく輝いています。





 メダイは直径九ミリメートル強の小さなサイズながら、めっきではない銀無垢(ぎんむく)製品です。環状の突出部分にある二つの窪みは、一方が銀の検質印である蟹のポワンソン、もう一方が銀細工工房の刻印です。

 本品は初聖体またはコミュニオン・ソラネルを受ける十二歳の少女のために作られた品物で、メダイにはその年頃の少女が浮き彫りにされています。キリストの花嫁となる十二歳の少女はウェディング・ドレスにヴェールを被り、敬虔な面持ちで祈りつつ聖体を拝領しようとしています。少女の頭部は直径三ミリメートルの円内に収まりますが、顔立ちは美しく整い、流れるような衣の襞とも大型彫刻に劣りません。斜め上方に向けられた視線は不可視の信仰を可視化し、小さな芸術品となっています。





 メダイの裏面には三輪の白百合が咲いています。

 百合はその香気によって「聖徳と純潔」を象徴するとともに、「花嫁として神に選ばれた身分」「神に委ねる信仰」をも表します。また白百合は聖母マリアの花ですから、聖母の加護を象徴します。本品メダイに刻まれた百合は三輪であることにより、信・望・愛の三元徳、及び三位一体の神の祝福をも表しています。





 上の写真は本品を男性店主の手に乗せて撮影しています。女性が本品の実物をご覧になれば、写真で見るよりもひと回り大きなサイズに感じられます。





 上の写真は女性モデルが本品を手首に着けています。硫化による銀の黒ずみは美しい古色となり、アンティーク品らしい落ち着きを本品に与えています。黒ずみを除去したい場合は、家庭用の練り歯磨きで軽く擦(こす)って水洗すれば簡単にクリーニングできます。また本品のような銀無垢製品は、実際に使っていれば他の物と擦れ合って自然に磨かれ、黒ずみません。黒ずむのは使わずに放置するからです。

 本品はおよそ百年前のフランスで制作された品物ですが、大切に保管され伝えられています。銀製メダイは突出部分にも摩滅が認められず、チェーンの強度、留め金の状態にも問題はありません。ガラス製ビーズはすべて揃っており、罅(ひび)や欠損は見られません。本品の保存状態は極めて良好であり、特筆すべき問題は何もありません。





15,800円

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




初聖体のブレスレット型ロザリオ 商品種別表示インデックスに戻る

聖母のロザリオ 一覧表示インデックスに戻る


聖母のロザリオ 商品種別表示インデックスに移動する

ロザリオとシャプレ 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS