初聖体
PRIMA COMMUNIO, la première communion, die Erstkommunion



(上) シャルル・ピレ作 ブロンズ製メダイユ 「このパンを食べる者は永遠に生きる」 51.7 x 37.4 mm フランス 19世紀末から20世紀初頭 当店の商品です。


 初聖体(はつせいたい)とは、子供やカトリックに改宗した人が第一回目に行う聖体拝領のことです。子供の初聖体は、現在では七歳か八歳で行われるのが普通です。

【初聖体拝領の要件】

 聖体拝領は「洗礼」と「告解」の秘蹟の後に行われます。また教理問答の学習を通して聖体拝領の意味と重要性を十分に学び、初聖体に備える必要があります。

 カトリック文化圏の標準的な家庭では子供が生まれてすぐに幼児洗礼を授けますが、「告解」に関しては、子供が分別のつく年齢になるまで行われません。また教理問答の学習には高度に抽象的な思考を要しますから、就学前の幼い子供には無理です。したがって幼児は聖体を拝領することができません。


【子供の年齢など】

 子供が初聖体を受けるべき年齢に関しては、1215年の第4ラテラン公会議において、分別がつく12歳から14歳に達した子供が初聖体を許されると定められましたが、このときから16、17世紀に至るまで、社会は子供の初聖体に大きな関心を払いませんでした。しかるに宗教改革と反宗教改革の時代になると、状況に変化が生まれます。プロテスタントは青少年に対する伝道を重視したので、これに対抗するカトリック教会においても、子供の初聖体が重要性を増したのでした。

 初聖体はカトリック家庭の子どもたちにとって人生最大のできごとの一つであり、反宗教改革の時代以来現在に至るまで、家族ぐるみ、教区ぐるみの慶事として祝われ続けています。初聖体を受ける子供は男女ともに正装するのが普通ですが、ヨーロッパ式の服装を着用するか民族衣装を着用するか、初聖体を単独で受けるか集団で受けるか、同時に受ける場合に子供たちが同じ服装であるか否か等の細かい点は、時代や場所、初聖体を受ける子供や家族の希望、その他の事情によって異なります。


【フランスの「コミュニオン・ソラネル」】



(上) パリから南西に数キロメートル離れた郊外の町、ショワジ=ル=ロワ(Choisy-le-Roi)でのコミュニオン・ソラネル。1946年に撮影された写真。


 「コミュニオン・ソラネル」(la communion solennelle) とは、フランスのカトリック教会において、12歳になった教区の少年少女を集めて行われる盛大な式典です。

 秘蹟聖省(現在の典礼秘蹟省)が 1910年に出した宣言により、それまで12歳で行われていた「初聖体」(la première communion) の時期は、7歳に早められました。しかしながらその一方で、フランスにおいては、12歳のときに行われる盛大な聖体式が廃止されることなく存続しました。初聖体の年齢は7歳となりましたが、若者の信仰を高める機会として、また教理問答の勉強を継続する動機として、少年少女たちが12歳になれば、これまでと同様に盛大な集団的聖体式を挙行し、これを「コミュニオン・ソラネル」(la communion solennelle フランス語で「盛式聖体拝領」の意)と呼ぶことにしたのです。なお 1960年代以降、「コミュニオン・ソラネル」は「プロフェシオン・ド・フォワ」(profession de foi フランス語で「信仰宣言」の意)と呼ばれることが多くなっています。

 「コミュニオン・ソラネル」(プロフェシオン・ド・フォワ)は、12歳で行われるという点でも、「信仰宣言」という名称の点でも、「堅信」に似ています。しかしながら、「堅信」は典礼上の正式な地位を持つ「秘蹟」のひとつですが、「コミュニオン・ソラネル」(プロフェシオン・ド・フォワ)は社会的習慣として行われている行事に過ぎず、カトリック教会が定める「秘蹟」ではありません。しかしながら「コミュニオン・ソラネル」(プロフェシオン・ド・フォワ)はフランスの少年少女にとって人生の大きな区切りであり、家族全員でお祝いをする喜ばしい出来事となっています。


(下) 「コミュニオン・ソラネル」の装い フランスの女性雑誌「モード・エ・トラヴォー」 1961年4月号より 当店の販売済み商品






関連商品

 初聖体のメダイ

 エウカリスチア 聖体と聖体拝領のカニヴェ

 初聖体のブレスレット型ロザリオ

 初聖体のジュエリー

 箱入り 祈祷書とロザリオのセット


 ウジェーヌ・アンドレ・ウディネによるメダイユ médailles par Eugene André Oudiné, 1810 - 1887

 ドゼード=ロクレによるメダイユ médailles par Desaide-Roquelay

 シャルル・ピレによるメダイユ médailles par Charles Philippe Germain Aristide Pillet, 1869 - 1960




秘蹟に関するレファレンス インデックスに戻る

キリスト教に関するレファレンス インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する

キリスト教関連品 その他の商品 一覧表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS