カルメル山の聖母
Our Lady of Mt. Carmel





 カルメル山の聖母とは、聖サイモン・ストック (St. Simon Stock, c. 1165 - 1265) にカルメル山のスカプラリオを与えた聖母マリアを指す称号です。

 本来カルメル山とはレバノン山脈の一部を為す標高 525メートルの山の名前ですが、葡萄やオリーヴが実る美しく肥沃な地であることから、しばしば聖母マリアの象徴としてこの山の名が用いられます。
 また旧約聖書列王記上 18:41 - 46において、預言者エリヤはカルメル山の頂上に登って恵みの雨を呼び、3年にわたる大旱魃で乾ききった大地に大雨を降らせました。このときエリヤが呼んだ雲は聖母マリアの予表とされ、教皇ピウス10世は無原罪の御宿りに関する 1904年 2月 2日の回勅「喜ばしきかの日に向かいて」において、アダム、ノア、アブラハム、ヤコブ、モーセ、ダヴィデと並び、エリアが呼んだ雲についても聖母の予表であると論じています。


【聖サイモン・ストックとカルメル会】

 聖サイモン・ストックはイギリス出身の修道士で、その前半生については詳しいことがわかりませんが、若い頃パレスティナに巡礼し、そこで出会ったカルメル会の修道士たちに合流したと考えられています。イスラム教徒のパレスティナ侵入に伴ってカルメル会士たちはヨーロッパに移住し、聖サイモン・ストックもイギリス、ケント州のエイルズフォード (Aylesford) に移って、1245年頃にはロンドンでカルメル会総長に就任しました。

 聖サイモン・ストックが総長に就任したのは、カルメル会が観想修道会から托鉢修道会へと発展してゆく時期でした。聖サイモン・ストックはカルメル会に若者を取り込むため、イングランド、アイルランド、スペイン等の大学のある都市に修道院を設置しました。

 聖サイモン・ストックは 1265年にボルドーで没するまで20年にわたってカルメル会総長の地位にあり、修道会の発展に尽力しました。聖サイモン・ストックの遺体はボルドー司教座聖堂に埋葬されています。聖人の頭部は切り離されてイギリスのエイルズフォードに運ばれ、聖遺物として崇敬を受けています。聖サイモン・ストックの祝日は5月16日です。


【カルメル山の聖母とスカプラリオ】

 カルメル会の伝承によると、1251年7月16日、ケンブリッジにおいて、聖サイモン・ストックに対して聖母が出現し、茶色のスカプラリオを与えて、これを肌身離さず身に着ける者は死後に地獄に落ちることがないということ、またこのスカプラリオは救いを証明し、危険を防ぎ、安らぎと契約のしるしとなることを約束したといわれています。


 カルメル山の聖母のスカプラリオ (*)


 聖サイモン・ストックに対してカルメル山の聖母が出現したというこの出来事に関して、同時代の記録は見当たらず、最初の詳しい資料は 1642年になって初めて現れるために、聖母出現の史実性は強く疑われています。しかしそれにもかかわらずカルメル山の聖母の信心は世に広まって、多くの人がこのスカプラリオを身に着けています。

(*) スカプラリオ (英 scapular) の語源はラテン語の SCAPULARE (SCAPULA「肩」の形容詞形)で、もともとは修道士が着用する肩布のことですが、これを紐で繋いだ小さな布2枚で代用し、身に着けやすくしたものです。




関連商品

 スカプラリオのメダイのロザリオ

 カルメル山の聖母 スカプラリオのメダイ

 開閉する聖父子の聖像型メダイ




聖母マリアに関するレファレンス インデックスに戻る

キリスト教に関するレファレンス インデックスに戻る


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する

キリスト教関連品 その他の商品 一覧表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS