聖ヨセフ
St. Joseph

 聖ヨセフは聖母マリアの夫でありイエスの父です。福音書によると処女マリアはヨセフと結婚する前に聖霊によって身籠りましたから、ヨセフはイエスの養父ということになります。

(下) Georges de La Tour, "St. Joseph charpentier", 1642, huile sur toile, Musée du Louvre, Paris




 福音書のなかでヨセフは一度も語らず、誕生と死の時と場所も記録されていません。分かっているのはヤコブあるいはエリという人の息子で、ナザレに住み、家具の職人であったこと、マリア、イエスと一緒に短期間ベツレヘムに滞在し、それから家族を引き連れてエジプトに逃れたことだけです。


(下) 右端に家具職人ヨセフを描いた祭壇画 Robert Campinand assistant, The Merode Alterpiece, 1425 - 1428, oil on panel, The Metropolitan Museum of Art




(下) Gerrit van Honthorst (1590 - 1656), Childhood of Christ, 1620, oil on canvas, The Hermitage, St. Petersburg




(下) Sir John Everette Millais, Christ in the House of His Parents, 1850, oil on canvas, Tate Gallery at London




 ヨセフの家族は毎年の過越祭(すぎこしさい)にエルサレムのソロモン神殿を訪問していましたが、イエスが12歳のときに神殿を訪問した際の記述(ルカによる福音書 2:41 - 52)を最後に、ヨセフは福音書に登場しなくなりますので、イエスの受難のときにはすでに亡くなっていたと考えられています。

 またイエスの実の父親ではないことを強調するためにも、特にカトリックの伝統的図像学においてヨセフはマリアよりもはるかに年上の老人として表されることが多くあります。五世紀初頭頃に成立した「指物師ヨセフ伝」(羅 Historia Josephi Fabri Lignari)の十四章は、ヨセフは四十歳のときに結婚し、四十九年間の結婚生活の後に妻と死別し、一年後にマリアを娶ったと語ります。すなわちこの時代の教会では、ヨセフを九十歳の老人とする見方があったことがわかります。


(下) Georges de La Tour, "Le rêve de St-Joseph" ("L'Apparition de l'ange à saint Joseph"), c. 1640, huile sur toile, Musée des Beaux-Arts, Nantes




 ヨセフが九十歳の老人であれば、マリアの処女性が守られるのは確かです。しかしながら夫が老齢ゆえに性的不能であったというだけなら、ヨセフは単なる一人の老人であって、高徳の聖人とはいえません。

 「イザヤ書」六十二章五節には「若者がおとめをめとるように、あなたを再建される方があなたをめとり、花婿が花嫁を喜びとするように、あなたの神はあなたを喜びとされる」(新共同訳)とあります。結婚当時のマリアは、十三歳前後の少女であったと考えられています。この預言をヨセフ、マリアの結婚に関連付けるならば、ヨセフも若者でなければなりません。




(上) Bartolomé Esteban Murillo,."San José con el Niño", 1665 - 1666. Óleo sobre lienzo, Museo de Bellas Artes de Sevilla


 マリアと結婚した当時のヨセフの年齢を九十歳とする「指物師ヨセフ伝」は、古代の末期に成立しています。しかしながら中世以降のヨーロッパにおいて、九十歳の老人と十三歳の少女の結婚は、やはり異常な組み合わせと考えられ、図像に描かれるヨセフを若返らせる一方で、信仰深い少女マリアをその精神的成熟にふさわしい大人の女性として表現する傾向が強まりました。上の写真はムリリョが描く聖父子で、1665年頃の作品です。この作品において、ヨセフは十分に若い男性として描かれています。




(上) Gerrit van Honhorst, "Anbetung der Hirten", 1622, Öl auf Leinwand, Wallraf-Richartz-Museum, Cologne


 新約聖書正典におけるヨセフの記述はたいへん少ないですが、外典にはいくつかのエピソードがあり、それらに基づく図像も見られます。

 正典福音書によるとイエスはヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダ及び数人の姉妹たちときょうだいでしたが(マタイ 13:55、マルコ 6:3)、ローマ・カトリック教会は聖ヒエロニムスをはじめとする教父たちの解釈にしたがって、ここで使われている「きょうだい」という言葉を、いとこ等を含む親戚の意味に解しています。しかしギリシア正教会の見解、及びおそらく5世紀にエジプトで書かれ、アラビア語とコプト語で伝わる外典「指物師ヨセフ伝」によると、ヨセフはマリアと結婚する以前は寡夫であって、イエス以外の子供たちは前妻との間の子供であるとされています。

 新約聖書外典「ヤコブ原福音書」によると、マリアの夫を決める際にイスラエル中の寡夫の杖が集められたところ、ヨセフの杖にだけ花が咲いたので、ヨセフがマリアの夫に決まったといわれています。この伝承に従い、ヨセフは花を咲かせた杖あるいは枝とともに描かれることがあります。


(下) Bartolomé Esteban Murillo,."San José con el Niño", 1665 - 1666. Óleo sobre lienzo, Museo de Bellas Artes de Sevilla




 聖ヨセフは働く者の守護聖人、また聖ペトロとともにカトリック教会の守護聖人です。


関連商品

 聖ヨセフのメダイ

 聖ヨセフのカニヴェ

 アンリ・ドロプシ作 遍歴修業終了記念のメダイユ 指物師聖ヨセフと聖家族




天使と諸聖人のレファレンス インデックスに戻る

キリスト教に関するレファレンス インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する

キリスト教関連品 その他の商品とレファレンス 一覧表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS