ロカマドゥールの聖母 幼子イエズスを背負う聖クリストファー 直径 25.2 mm


突出部分を除く直径 25.2 mm

フランス  20世紀前半から中頃



 表(おもて)面にロカマドゥールの聖母、裏面に幼子イエズスを背負う聖クリストファーを刻んだ珍しいメダイ。聖クリストファー、ロカマドゥールの聖母とも多くのメダイ作品に取り上げられていますが、このふたつの組み合わせはあまり目にすることが無く、稀少な品といえます。おそらくロカマドゥールを訪れる巡礼者が無事に帰れるようにとの願いを込めて制作されたと考えられます。





 表(おもて)面には中央にロカマドゥールの聖母子を浮き彫りにし、周囲にフランス語で「ノートル=ダム・ド・ロカマドゥール(ロカマドゥールの聖母)」(Notre-Dame de Rocamadour) と記しています。ノートル=ダム・ド・ロカマドゥールはクルミ材に刻まれた中世の黒い聖母で、12世紀以来、数多くの巡礼者を集めてきました。高さ 76センチメートルとそれほど大きくありませんが、見る者に畏怖の情を起こさせる迫力を持っています。


(下) 参考画像 ノートル=ダム・ド・ロカマドゥール




 しかしこのメダイに表されたロカマドゥールの聖母子は、なんと親しみやすい姿をしていることでしょうか。母子が互いに見つめ合うことなく正面を向く体勢は実際の聖母子像と同じですが、女性らしい丸みを帯びた聖母は身近にいる生身の女性のようですし、幼子イエズスはというと、幼太りの顔をこちらに向けて、母の膝にちょこんと腰かけています。その様子はどこにでもいるフランス人の男の子のようで、オーバーオールを着て、左手にビスケットか何かを持っているようにさえ見えます。半ば恐ろしげにさえ見える中世の聖母子像を、微笑ましい母子の姿に変えたのは、この作品を彫ったメダイ彫刻家の、職人としての腕のみにとどまらない優れた芸術的センスが為せる技といえましょう。





 裏面に刻まれているのは、ヤコブス・デ・ヴォラギネの聖人伝、「レゲンダ・アウレア」("LEGENDA AUREA") に収録された聖クリストファーの伝承です。怪力無双の大男である渡し守クリストファーは、幼い男の子を肩に載せて河を渡り始めたのですが、途中で男の子があまりにも重くなったので、腰をかがめて杖にすがり、問いかけるように肩の上の男の子を見上げています。肩の上の男の子は、全宇宙の支配権を示すグロブス・クルーキゲル(世界球)を左手に持ち、右手で天を指さして、自分が天地の造り主、神なる幼子イエズス・キリストであることを宣言しています。幼子イエズス・キリストの威厳ある表情と姿勢、驚くクリストファーの様子とも、秀逸な出来栄えです。


 それぞれの面の彫刻は非常に優れた出来栄えです。このメダイは 20世紀中頃以前のものですが、摩耗はほとんど無く、すばらしいコンディションです。サイズも大きく、立派なメダイです。





12,800円 販売終了 SOLD

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




ノートル=ダム・ド・ロカマドゥールのメダイ 商品種別表示インデックスに戻る

各地で崇敬される聖母のメダイ 一覧表示インデックスに戻る


フランスで崇敬される聖母のメダイ 商品種別表示インデックスに移動する

各地で崇敬される聖母像とイコンのメダイ 商品種別表示インデックスに移動する


聖母マリアのメダイ 商品種別表示インデックスに移動する

メダイ 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS