稀少品 アリアンス・カトリーク 大きめサイズの美麗クルシフィクス 52.3 x 33.2 mm


外付けの吊り輪を含む全体のサイズ 68.0 x 33.2 mm

突出部分を含むクルシフィクス本体のサイズ 52.3 x 33.2 mm


フランス  1882年頃



 1880年代にリヨンで制作された美麗なクルシフィクス。 後に免償のクルシフィクスに採用されることになる十字架です。縦 5センチメートル余り、横 3センチメートルあまりと大きめのサイズで、10グラム以上の重量があります。植物を思わせる流麗なシルエットは、19世紀のヨーロッパを席捲したジャポニスム japonisme (ジャポニズム Japonism、日本趣味)の影響を感じさせます。



 十字架の表(おもて)面は、突出部分であるコルプス(キリスト磔刑像)が摩耗して、真正のアンティーク品ならではの味わいを醸しています。このタイプのクルシフィクスに特徴的な十字架表面の複雑なパターンは、コルプスのおかげで良く守られ、摩耗もほとんど無く細部までよく残っています。



 裏面には1882年の年号と、「アリアンス・カトリーク」(Alliance Catholique カトリック同盟)という言葉がフランス語で記されています。裏面最上部にある "DEPOSE " の刻印は、このクルシフィクスのデザインが公に登録されたものであるという意味です。

  このクルシフィクスには同素材の装飾的な吊り輪が取り付けられています。吊り輪にはリヨンにあった工房ジェ・ブロ (G. Blot & Cie, Lyon) の名前が記されています。吊り輪はクルシフィクスと同時に製作されたもので、溶接によって閉じられています。したがってペンダントとして使う場合、チェーンのクラスプ(留め金部分)を吊り輪に通す必要がありますが、吊り輪の開口部分は十分な大きさがありますので、問題はありません。

 本品はおよそ130年前に制作された真正のアンティーク品ですが、表面の摩耗もごく軽く、たいへん良好なコンディションです。





21,800円 販売終了 SOLD

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




近世から19世紀末頃までのクルシフィクス 商品種別表示インデックスに戻る

クロスとクルシフィクス 一覧表示インデックスに戻る


小型のクルシフィクス 商品種別表示インデックスに移動する

クロスとクルシフィクス 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS