稀少品 アリアンス・カトリーク 美麗アンティーク・クルシフィクス 48.3 x 33.6 mm


縦 48.3 x 横 33.6 mm

フランス  1882 - 1900年頃



 19世紀の終わり頃にフランスで制作された美麗なクルシフィクス。 後に免償のクルシフィクスに採用されることになる十字架です。縦 4.8センチメートル余り、横 3.3センチメートルあまりのサイズがあるうえに、十字架に幅があるので、強い視覚的インパクトがあります。




 十字架の表(おもて)面は、突出部分であるコルプス(キリスト磔刑像)が摩耗して、真正のアンティーク品ならではの味わいを醸しています。クルシフィクスのキリスト像は、金属の板に凹凸を付けて立体像とした打ち出し細工によるものがほとんどですが、本品のコルプスは手間をかけて鋳造されています。コルプスは十字架に鋲留めされています。鋲は三か所で、いずれも緩みはありません。




このタイプのクルシフィクスに特徴的な十字架表面の複雑なパターンは、コルプスのおかげで良く守られ、摩耗もほとんど無く細部までよく残っています。

 十字架の末端にはヨーロッパに伝統的なフルール・ド・リス(百合の花)があしらわれる一方、植物を思わせる流麗なシルエットは 19世紀のヨーロッパを席捲したジャポニスム japonisme (ジャポニズム Japonism、日本趣味)の影響を感じさせます。



 裏面にはカトリック信徒の互助組織である「アリアンス・カトリーク」(Alliance Catholique カトリック同盟)の名前、及び「アリアンス・カトリーク」が創立された1882年の年号が記されています。裏面最上部にある「デポゼ」(DEPOSE) の刻印は、このクルシフィクスのデザインが公に登録されたものであるという意味です。





 本品はおよそ130年前に製作された真正のアンティーク品ですが、表面の摩耗もごく軽く、たいへん良好なコンディションです。 商品の実物には金属光沢があり、肉眼では突出部分の磨滅も気にならず、写真で見るよりもずっと綺麗です。





18,800円 販売終了 SOLD

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




近世から19世紀末頃までのクルシフィクス 商品種別表示インデックスに戻る

クロスとクルシフィクス 一覧表示インデックスに戻る


小型のクルシフィクス 商品種別表示インデックスに移動する

クロスとクルシフィクス 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS