フランス製アンティーク・クルシフィクス 《死に対するキリストの勝利と、キリストを受け入れる信仰告白》 真正の黄楊を嵌め込んだ大きく重厚な作例 12 x 6 センチメートル


上部に取り付けた環を除くサイズ 縦 119.4 x 横 59.7 mm  最大の厚さ 13.4 mm  重量 54.5 g

フランス  十九世紀後半から二十世紀初頭



 百年以上前のフランスで製作されたアンティーク・クルシフィクス。縦十二センチメートル、横六センチメートルという大きなサイズです。五十四グラムの重量は五百円硬貨八枚分弱に相当し、手に取ると心地よい重みを感じます。





 本品の十字架はラテン十字の内部を彫り抜いた形状で、黒く染めた黄楊(つげ)材を埋め込んでいます。黒色の異素材を埋め込んだ十字架は、比較的新しい年代のヴィンテージ品の場合、黒いプラスティックスや合成皮革様(よう)の素材で木材を模した例が多く見られますが、本品に象嵌されているのは黒く染めた本物の黄楊(つげ)材で、緻密な表面に美しい光沢があります。

 ギリシア・ローマ神話における黄楊は、「不死」あるいは「死に対する勝利」を象徴します。またフランスをはじめ北ヨーロッパで「枝の主日」に用いられる黄楊は、「勝利と栄光」「神との和解」を象徴します。しかるにキリストの受難を表すクルシフィクスは神による救世の経綸(けいりん)、すなわち信じがたい方法によって達成された「死に対する勝利」、「救い主の勝利と栄光」、「神との和解」を表します。それゆえ黄楊はクルシフィクスに使われるのにこの上なく適した木であるといえます。




(上) Gian Lorenzo Bernini, "Il Ratto di Proserpina", 1621 - 22, marmo, 255 cm, Galleria Borghese, Roma ベルニーニが二十三歳の時に完成させた作品。


 黄楊がクルシフィクスに相応しい象徴性を有する具体的理由は、二点に集約できます。二点のうちの第一は異教の古典古代以来から直接引き継いだ象徴性に関連し、第二は異教的要素を引き継ぎつつもキリスト教化された「枝の主日」の習俗に関連します。


 まず第一に、黄楊はギリシア・ローマ神話において地下あるいは冥界を司るハーイデース(ᾍδης ハーデース、プルートー) の聖樹とされています。オウィディウスの「メタモルフォーセース(変身)」第五巻によると、ゼウス(Ζεύς)とデーメーテール(Δημήτηρ)の娘であるペルセフォネー(Περσεφόνη)は、薫り高いクチベニズイセン(Narcissus poeticus)を友人たちとともに摘んでいるときに、ハーイデースに攫(さら)われて地下の世界に連れて行かれました。

 ペルセフォネーの母デーメーテールはローマのケレースと同一視される豊穣の女神です。デーメーテールが娘を探して悲嘆に暮れ、他事に構わずにいる間、地上のあらゆる植物は死に絶えそうになりました。ゼウスはハーイデースの同意を取り付けてペルセフォネーを母の許(もと)に返させますが、ハーイデースがペルセフォネーに冥界の柘榴(ざくろ)を与え、ペルセフォネーがこれを食べてしまったために、一年のうち三分の一は地下で暮らすことになりました。

 ペルセフォネーが地下にいる「一年の三分の一」の間、すなわち冬季は、ハーイデースの季節です。冬にはデーメーテールの嘆きゆえにほとんどの植物が枯れますが、常緑の黄楊(つげ)は生命を保ちます。それゆえ、ハーイデースの季節に生命を保つ黄楊は、この神の聖樹とされました。この場合、黄楊は不死の象徴と考えることができます。

 ハーイデースは死者の国の神として恐れられました。しかしながら冬に枯死しない黄楊がハーイデースの象徴とされることからも、この神が「死」自体の神格化でないことがわかります。これをキリストの受難に関連付けて考えると、十字架におけるキリストの死は、植物が死に絶えた冬景色にも似て、一見したところ死の勝利のように見えます。しかしながらキリストは死に対して勝利し、翌々日の早朝に復活し給いました。これは冬の間も生命を保ち続ける植物を思い起こさせます。したがって、古典古代の神話とキリスト教の間に直接的関係はありませんが、ハーイデースの常緑樹である黄楊は、死に対して勝利するキリストの生命を表すのにぴったりの木であると言えます。




(上) Giotto, "l'Entrata di Cristo a Gerusalemme", 1303 - 04, affresco, 200 cm x 185 cm, Cappella degli Scrovegni, Padova



 第二に、マタイ、マルコ、ヨハネの三福音書によると、イエス・キリストはまだ人を乗せたことのない子ロバに乗り、王としてエルサレムに入城されました。「マタイによる福音書」二十一章一節から十一節を、新共同訳により引用いたします。

     一行がエルサレムに近づいて、オリーヴ山沿いのベトファゲに来たとき、イエスは二人の弟子を使いに出そうとして、言われた。「向こうの村へ行きなさい。するとすぐ、ろばがつないであり、一緒に子ろばのいるのが見つかる。それをほどいて、わたしのところに引いて来なさい。もし、だれかが何か言ったら、『主がお入り用なのです』と言いなさい。すぐ渡してくれる。」それは、預言者を通して言われていたことが実現するためであった。 
     
    「シオンの娘に告げよ。『見よ、お前の王がお前のところにおいでになる、
柔和な方で、ろばに乗り、
荷を負うろばの子、子ろばに乗って。』」
     
     弟子たちは行って、イエスが命じられたとおりにし、ろばと子ろばを引いて来て、その上に服をかけると、イエスはそれにお乗りになった。大勢の群衆が自分の服を道に敷き、また、ほかの人々は木の枝を切って道に敷いた。そして群衆は、イエスの前を行く者も後に従う者も叫んだ。「ダビデの子にホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように。いと高きところにホサナ。」
     イエスがエルサレムに入られると、都中の者が、「いったい、これはどういう人だ」と言って騒いだ。そこで群衆は、「この方は、ガリラヤのナザレから出た預言者イエスだ」と言った。
     
    (「マタイによる福音書」 二十一章一節から十一節 新共同訳)


 この出来事は教会暦中の「枝の主日」に記念されています。枝の主日にはミサの冒頭で枝が祝別され、信徒はそれを持ち帰ります。用いられる枝の樹種は様々で、プロヴァンスやスペイン、イタリアではナツメヤシの葉やオリーヴの枝が用いられますが、フランス、ベルギー、ドイツ、ポーランドでは概ね黄楊が用いられます。それゆえ枝の主日に使われる黄楊は、救世主を迎える喜び、すなわちイエスこそがメシア(キリスト、救世主)であるという信仰告白を表すとともに、ナツメヤシやオリーヴと同様、「勝利と栄光」「神との和解」を象徴します。





 近代語クルシフィクスの語源であるラテン語クルキフィークスス(羅 CRUCIFIXUS)は、クルックス(羅 CRUX 十字架)の語幹 "CRUC" と、動詞フィンゴー(羅 FINGO 固定する)の完了分詞 "FIXUS" を、つなぎの音 "-I-" で連結したもので、「十字架に架けられた人」という意味です。クルックス(羅 CRUX 十字架)にコルプス(羅 CORPUS キリスト像)を取り付けた信心具を、この名称で呼んでいます。

 クルシフィクスはシャプレ(ロザリオ)の最初にも付いていますが、通常サイズのシャプレにおいて十字架のサイズは 40 x 25ミリメートル前後、コルプスの高さ(キリスト像の身長)は二十ミリメートル前後であり、サイズが小さいために細部を表現することができません。しかるに本品は全体のサイズが大きいゆえにコルプスも大きく、キリストの頭頂から足先まで五十二ミリメートルの高さ(長さ)があります。このためキリスト像の作りもたいへん優れており、人体各部のプロポーションや筋肉の付き方、目鼻立ちや茨の冠のような細部まで、正確に作り込まれています。

 本品のコルプスは図像学でクリストゥス・ドレーンス(羅 CHRISTUS DOLENS)と呼ばれる類型に属し、身体表現の解剖学的正確さ、苦しむキリストの写実性は、いかにも十九世紀の作例に相応しい表現となっています。クリストゥス・ドレーンスは未だ息絶えておられないキリストの姿であり、右脇腹に槍傷はありません。





 ロゼール(十五連のロザリオ)及びシャプレ(五連のロザリオ)の末端に取り付けるクルシフィクスでは、コルプスは十字架と一体成型されるか、別作であっても打ち出し細工による場合がほとんどです。しかるに本品のコルプスは十字架とは別に立体的に鋳造され、背面には脊椎の窪みや臀部の腰布まで丁寧に表現されています。




(上) Francisco de Zurbarán, "Christ on the Cross", 291 x 165 cm, 1627, oil on canvas, Art Institute, Chicago


 最も簡単な作りのクルシフィクスではコルプスのみが十字架に取り付けられますが、ロザリオ末端のクルシフィクスをはじめ小型のクルシフィクスに最もよく見られるのは、コルプスの頭上にティトウルス(羅 TITULUS 罪状書き、INRIの札)を付加した作例です。四福音書によると、磔刑のキリストの頭上には、「ナザレのイエス、ユダヤ人の王」と記された札が掲げられました。「ヨハネによる福音書」十九章十九節によると、実際の罪状書きはヘブライ語、ラテン語、ギリシア語で書かれていました。上の写真はシカゴのアート・インスティテュートに収蔵されているスルバランの油彩です。この作品において、ティトゥルスはギリシア語とヘブル語で書かれています。





 「ナザレのイエス、ユダヤ人の王」を表すラテン語は「イエースス・ナザレーヌス(または、ナザラエウス)、レークス・ユーダエオールム」(IESUS NAZARENUS/NAZARAEUS REX IUDAEORUM)ですが、クルシフィクスの小さな札に多くの文字を書くことはできないので、"INRI" と略記されます。本品は一般信徒用クルシフィクスとしては大型の作例ですが、ティトゥルスの面積は限られているので、やはり "INRI" の四文字のみを打ち出しています。





 ロゼール及びシャプレ末端のクルシフィクスでは、十字架交差部にニンブス(羅 NIMBUS 光背)が一体成型されます。しかるに本品はバロック様式の光背を打ち出し細工で別作し、交差部の黄楊材に鋲留めしています。本品に類似したサイズのクルシフィクスは、筆者(広川)がこれまでに目にした限り、十字架交差部に光背を有しません。さらに小型のクルシフィクスを含めて考えると三分の一か四分の一が光背を有しますが、小型のクルシフィクスの光背は十字架またはコルプスと一体になっており、本品のような別作の光背はありません。また小型のクルシフィクスに光背がある場合でも、その意匠はゴシック様式です。バロック様式の光背は、本品のような大型の作例にのみ見られる意匠です。





 本品はコルプス(キリスト像)、ティトウルス(罪状書き)、ニンブス(後光)に加えて、髑髏(どくろ)と交差した骨が十字架下部に鋲留めされています。髑髏(どくろ)と交差した骨は死の象徴であり、これをコルプスの足下に配した意匠は、死に対するキリストの勝利を象徴しています。





 十字架の裏側は交差部に金属製の円盤が鋲留めされています。ノートル=ダム・ド・ルルド(仏 Notre-Dame de Lourdes ルルドの聖母)を表すエヌ・デ・エル(NDL)の組み合わせ文字が、円盤に打ち出されています。





 上の写真は本品を男性店主の手に乗せて撮影しています。女性が本品の実物をご覧になれば、写真で見るよりもひと回り大きなサイズに感じられます。

 本品は百年以上前のフランスで制作された品物で、真正のアンティーク品ならではの美しいパティナ(古色)に全体を被われています。古い年代にもかかわらず保存状態は極めて良好で、特筆すべき問題は何もありません。全ての金属製部品は黄楊材にしっかりと鋲留めされ、ぐらつきは一切ありません。





29,500円

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




大型のクロスとクルシフィクス 商品種別表示インデックスに戻る

クロスとクルシフィクス 一覧表示インデックスに戻る


クロスとクルシフィクス 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品の商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS