クルシフィクス(キリスト磔刑像)の三様式
les trois types de crucifix


 磔刑像はキリストの表現様式にしたがって三つに分けられます。第一は「クリストゥス・トリウンファーンス」(CHRISTUS TRIUMPHANS ラテン語で「勝利するキリスト」の意)です。この様式の磔刑像では、キリストは頭を直立させてまっすぐに前を向いています。キリストの表情には肉体的苦痛は表現されません。下に示すのはアッシジの聖キアラ聖堂にある「サン・ダミアノ十字」(il Crocifisso di San Damiano) で、「クリストゥス・トリウンファーンス」の例です。





 第二の様式は「クリストゥス・ドレーンス」(CHRISTUS DOLENS ラテン語で「苦しむキリスト」の意)です。この様式において、キリストは頭部を肩の上に傾け、苦痛に身をよじっています。キリストの顔には苦悶の表情が表れています。下に示すのは13世紀の逸名画家(Maestro di San Francesco 「聖フランチェスコの画家」)による 1260年頃の作品で、「クリストゥス・ドレーンス」の例です。この作品はルーヴル美術館に収蔵されています。





 第三の様式は「クリストゥス・パティエーンス」(CHRISTUS PATIENS ラテン語で「(死に)屈するキリスト」の意)です。この様式において、キリストは体全体が弛緩し、頭部も力無く垂れています。キリストの顔には死相が表れています。下に示すのは13世紀前半の逸名画家(Maestro bizantino del Crocifisso di Pisa 「ピザの磔刑像のビザンティン画家」)による 13世紀初頭の作品で、「クリストゥス・パティエーンス」の例です。この作品はピザのサン・マッテオ美術館に収蔵されています。





 19世紀から20世紀にかけてフランスで制作されたクルシフィクスのコルプスは、ほとんどの場合、上記の第二の様式すなわち「クリストゥス・ドレーンス」で表されています。


関連商品

 クルシフィクス




イエズス・キリストに関するレファレンス インデックスに戻る

キリスト教に関するレファレンス インデックスに移動する


アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS