極稀少品 福者マルグリット=マリ 《遺体の上に置いた布 手書きラベルの紙製ルリケール 35 x 23 mm》 聖母訪問会パレ=ル=モニアル修道院

Linge posé sur les ossements de la Bienheureuse Marguerite-Marie Alacoque.


紙封筒のサイズ 35 x 23 mm

フランス  1860年代後半頃



 聖心の信心を広めた聖母訪問会の修道女、マルグリット=マリ・アラコック (Ste. Marguerite-Marie Alacoque, 1647 - 1690) 聖遺物。聖女の遺体に触れさせた布を紙包みに封入し、聖母訪問会パレ=ル=モニアル修道院の紋章を刷った紙片で封緘しています。およそ百五十年前のものと思われるアンティーク品ですが、古い年代にも関わらず非常に良好な保存状態です。



 紙包みの表(おもて)面には、次の言葉がフランス語で手書きされています。

  Linge posé sur les ossements de la Bienheureuse Marguerite-Marie Alacoque  福者マルグリット=マリ・アラコックの聖遺物に置いた布


 マルグリット=マリは教皇ピウス九世によって 1864年に列福、教皇ベネディクトゥス十五世によって 1920年に列聖されました。聖女の尊称がサント(Ste/Sainte 聖…)ではなく、ビャヌールーズ(Bse/Bienheureuse 福者)となっていることから、本品の制作年代は確実に 1920年以前であることがわかります。


 聖徳を慕われる人物の遺物は、その人物を慕う人々により、列福・列聖を目指して配られます。聖遺物を受け取った人々が病気治癒などの願いを神に執り成してくれるように聖人に祈り、その願いがかなえられれば、聖人の執り成しによる奇跡とみなされて、列福・列聖のために有利に働きます。本品は聖母訪問会パレ=ル=モニアル修道院の修道女たちが、かつての同僚であるマルグリット=マリの列聖を願い、第三級聖遺物を封入して手作りしたルリケールです。

 聖母訪問会員によって作られたルリケールに関しては、パレ=ル=モニアル修道院のものとトゥールーズ修道院のものを、当店でも一点ずつ扱ったことがあります。以前に扱ったいずれのルリケールも、表のラベルは活字で印刷されていました。しかしながら本品の表書きは活字ではありません。顕微鏡で詳しく調べましたが、この文字は版で刷ったものでもなく、付けペンで手書きされています。このことから本品は聖母訪問会員たちがマルグリット=マリの列聖を願い、この体裁によって制作した聖遺物の最も早い作例であることがわかります。

 中国、朝鮮、日本などの東アジア地域では木版による文字印刷が古代から行われていましたが、西洋では中世まで印刷が行われず、文書はすべて手書きでした。本品のラベルが手書きであるのは、マルグリット=マリの時代のまま時間が静止したかのような観想修道会に、いかにもふさわしいことと思えます。



 紙包みの封印には、マルグリット=マリが所属した女性のための観想修道会、聖母訪問会(仏 l'ordre de la Visitation Sainte-Marie)の紋章が描かれ、パレ=ル=モニアル、聖母訪問会修道院(仏 MONASTÈRE DE LA VISITATION DE PARAY-LE-MONIAL)の文字に取り巻かれています。

 封印に刷られている聖母訪問会の紋章は単色ですが、本来は金色の地の中央に赤い心臓を描きます。心臓は黒い十字架を突き立てられ、二本の金の矢に貫かれています。矢羽は銀色です。イエスを表すイオタとシグマ(IS)、及びアウスピケ・マリアエ(羅 AUSPICE MARIAE マリアの庇護の下に)を表すエムとアーの組み合わせ文字が心臓の上に重ねて書かれ、茨の冠が全体を取り巻きます。茨は緑ですが、棘は血で赤く染まっています。


 十九世紀のフランスでは、マルグリット=マリの列福を機にキリストの啓示を記した第九十八書簡が公開されたことで、悔悛のガリア(羅 Gallia paenitens)の信仰復興運動が起こりました。モンマルトルのサクレ=クール教会をはじめとする第二帝政時代の教会建築、及び美しいアンティーク品として現在まで伝わる信心具の数々は、マルグリット=マリの列福を中心点の一つとして、あたかも水面のさざ波のように、当時のフランス社会に広がっていった信仰深い時代精神の遺産です。

 それゆえにマルグリット=マリは、近代フランスにとって最も重要な聖人のひとりといえますが、ほぼ現代に近い時代のリジューの聖テレーズと比べると、マルグリット=マリの聖遺物は格段に入手困難です。特に聖人がいったん列聖されると永遠に聖人であり続けますが、福者である期間は限られていますから、マルグリット=マリが福者であった時代の聖遺物である本品は、この聖女の数少ない聖遺物の中でも特に稀少な品物です。ラベルが手書きされた本品は、マルグリット=マリ列福の直後に制作されたと考えられ、塁品の中でもとりわけ重要な歴史性を備えます。





本体価格 20,000円

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




聖マルグリット=マリの聖遺物 商品種別表示インデックスに戻る

キリスト教関連品 その他の商品と解説 一覧表示インデックスに戻る


簡易なルリケール 携帯可能な聖遺物 商品種別表示インデックスに移動する

聖遺物、スカプラリオ、アグヌス・デイなど 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS