κίρκος, CIRCULUS, circle, cercle, der Kreis




(上) Vasily Kandinsky, "Circles in a Circle", 1923, Oil on canvas, 98.7 x 95.6 cm, the Philadelphia Museum of Art, Philadelphia


 平面上の一点から等距離にある点の集合は、円となります。したがって円は点と同様の象徴性を共有します。円は独自の象徴性をも有しますが、哲学と宗教において重要な象徴性を担うという特性において、点と共通しています。

 本稿では、円がその幾何学的性質に基づいて有する象徴性について論じます。


1. シンプリキタース(単純性)の象徴

 円とは平面上の一点から等距離にある点の集合であるゆえに、「点の延長」であるといえます。しかるに、点の象徴性の解説ページで論じたように、点は神に類比して考えることができます(註1)。したがって円も、点と同様に、神に類比して考えることができます。

 神はあらゆる意味で単純(羅 SIMPLEX)であり、神のうちには如何なる複合(羅 COMPOSITIO)もありません。それゆえ円は「シンプリキタース・デイー」(羅 SIMPLICITAS DEI 「神の単純性」)を象徴します(註2)。


2. 均質性の象徴

 多角形は角の数が同じであっても無限個の種類を有します。たとえば三角形には不等辺三角形、二等辺三角形、直角二等辺三角形、正三角形がありますし、このうち正三角形以外の三角形には、角度が異なる無限個の種類があります。他の多角形についても同じことが言えます。しかるに円はすべて相似であり、特筆すべき均質性を有します。


3. 完全性の象徴

 古典古代以来、円は如何なる歪みも破綻も含まない完全な図形と考えられてきました。

 近世以前の科学思想によれば、コスモス(希 κόσμος 秩序ある宇宙)は幾つかの層に分かれた天球が地球を取り囲む構造になっています。月下界の物質は四つの元素でできていますが、月よりも上にある天体は第五元素エーテルでできていて、土や水のように下方に向かって運動する(落下する)ことなく天上界に留まり、地球の周りを永遠に公転し続けます。

 天上の物質エーテルでできた天体は、ハルモニア・ムンディーと呼ばれる天界の音楽を奏でながら、円形の軌道を描いて公転していると考えられました。ハルモニア・ムンディー(羅 HARMONIA MUNDI)は「世界の調和」という意味で、耳に聞こえる音楽ではなく、むしろ神が万物に与え給うた数学的秩序を指します。このように美しい秩序に従って運動する天上界の物体(天体)は、完全な図形である円形の軌道を描くと考えられました。


4. 「被造性」あるいは「被造的世界」の象徴

 1. で論じた「シンプリキタース・デイー」とは逆に、円は「被造性」「被造的世界」の象徴でもあります。

 点の象徴性の解説ページで論じたように、点は神の象徴と考えることができます。しかるに円は、その定義に基づいて、点から発出する図形と考えることができます。したがって円は神から発出した「被造物」「被造的世界」の象徴であると考えられます。神である中心点を取り巻く同心円は、被造的事物が為す階梯を表します。


5. 神において一点に収束する被造的多様性の象徴

 4. に関連して、円は「単純な神から発出する被造的多様性」、あるいは「神において一点に収束する被造的多様性」をも象徴し得ます。すなわち円の中心となる点は分割することができないゆえに、如何なる多様性も有しません。しかしながらこれは必ずしも点が空虚であるということではなく、点においては無限に豊かな多様性が発現しないままに潜在していると考えることもできます。

 円の中心点を通る直線は、二か所において円と交点を結びます。円周上にあるこれら一対の交点は、中心点に内在する多様性が正反対の方向に発現したものと見做すことができます。中心点が神の単純性を象徴するのに対して、円周上にあるこれらの点は被造物の多様性を象徴すると考えることが可能です。

 円の中心を通る直線が円周上に結ぶ二つの交点は、円周上にある限り、被造物が有する互いに正反対の性質を象徴します。しかしながら円の直径が小さくなるにつれて、これら二点間の距離はどんどん小さくなり、ついには中心点において区別を失います。プロティノス(Πλωτῖνος, PLOTINUS, 205 - 270)は中心点は円の父であると言い、アンゲルス・シレジウス(Angelus Silesius, 1624 - 1677)は中心点のうちに円があると言っています。


6. 「時間の永遠性」及び「時間の均質性」の象徴

 円には始まりも終わりもありません。それゆえ円は、永遠の過去から永遠の未来に向かって流れ続ける時間の永遠性を象徴します。また円は直径が定まれば、円周のどの部分においても同一の曲率を示します。それゆえ円は時間の均質性を象徴します。

 円環状に流れるものとして表象される場合、時間は回転する車輪によって象徴されることが多くあります。


7. 天上界の象徴

 3. で示したように、天上界の物体は円を描いて運動します。それゆえ円は天上界の象徴です。

 東洋人になじみ深い「天円地方」の思想は西ヨーロッパにもあって、ロマネスク聖堂、特にその後陣は方形の上に円蓋(ドーム)を乗せた形に建てられています。このような聖堂建築において、方形部分は地上を、円蓋は天上を表します。内部の壁画、天井画に関しても、描かれる領域の区別は厳密に守られ、方形部分には福音書の地上における場面や聖人伝が、円天井には天上の様子が描かれます。


8. 「創造主が地上に及ぼし給う働き」「神が被造物に与え給う秩序」「神の摂理」の象徴

 天体が円軌道を描いて周回する中心には、地球すなわち地上界があります。それゆえ円は地上界との関係において天上界を象徴していることがわかります。このことから円は、地上界を創造し、秩序を与え、存続させる神の働きを象徴します。

 宗教的世界観に基づくTO図では、神が創り給うた世界が円形に描かれています。下の写真は「エプストルフの世界図」(die Ebstorfer Weltkarte)の複製です。「エプストルフの世界図」は1300年頃に作られた地図で、TO図の一例です。




9. 世界の始原の象徴

 日本語では球も円も「まるい」と言いますが、球と円は異なります。球が立体図形である一方、円は平面図形です。しかしながら円は「球の断面」あるいは「球を平面に投射した図形」であって、球と無関係ではありません。象徴としての役割においても、円と球は多くの意味と役割を共有します。

 世界の始原はしばしば卵、すなわち球で象徴されます。これを二次元の絵に表現する場合、円が同じ役割を果たします。世界の始原である楽園は、円形に描かれる場合が多くあります。曼荼羅の中心にも円が描かれます。



註1 Clemens Alexandrinus, "STROMATA", Liber V, caput 11

註2 「シンプリキタース・デイー」(羅 SIMPLICITAS DEI 「神の単純性」)はスコラ学の用語で、神における複合の欠如を表します。スコラ哲学を代表するトマス・アクィナスのオントロギア(存在論)に基づくと、「シンプリキタース・デイー」は次のように説明できます。

      物体はすべてマテリア(羅 MATERIA 質料)とエッセンチア(羅 ESSENTIA 本質)の複合(羅 COMPOSITIO)である。
     
       一方、天使及び死者の霊は物体ではなく、マテリア無しに自存する霊的存在者である。しかしながらこれらの霊的存在者は、完全な意味で自存しているのではなく、神から与えられるエッセ(羅 ESSE 存在するという働き)を分有することによってのみ、存在できている。天使及び死者の霊は、エッセンチアとエッセの複合である。神のエッセを分有し、神の許しを得てはじめて存在できているという点で、天使及び死者の霊は、物体的存在者(生きている人間や動植物、生命を持たない物体)と共通する。
     
      したがってあらゆる被造物は、霊的存在者であると物体的存在者であるとを問わず、すべて複合である。物体的存在者はマテリアとエッセンチアの複合を有する。霊的存在者はマテリアを有さないが、霊的存在者のエッセンチアはエッセと複合している。
     
      しかるに神は如何なる複合も有さない。なぜならば神は物体ではないので、マテリアとエッセンチアの複合ではない。また神は必然的存在者であって、より上位の者からエッセを分有して存在を許されているのではないので、エッセンチアとエッセの複合でもない。神は完全な意味において自存するエッセンチア(羅 ESSENTIA SUBSISTENS)である。それゆえ神においてはエッセとエッセンチアが同一である。神においてはマテリアとエッセンチアの複合が存しないのみならず、エッセンチアとエッセの複合も存しない。


 複合が無い状態を「単純」といいます。神が「単純(羅 SIMPLEX)である」とは、以上で説明したように、「神のうちには如何なる複合も無い」という意味です。トマス・アクィナスは「スンマ・テオロギアエ」第一部第三問において「神の単純性」を論じています。



関連商品





美術品と工芸品のレファレンス 数と図形に関するシンボリズム インデックスに戻る

美術品と工芸品のレファレンス シンボル(象徴) インデックスに移動する

美術品と工芸品のレファレンス インデックスに移動する


美術品と工芸品 商品種別表示インデックスに移動する

美術品と工芸品 一覧表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS