ロカマドゥールの黒い聖母 巡礼のスポルテル 51.6 x 36.5mm


突出部分を含むサイズ 縦 51.6 x 横 36.5 mm  最大の厚み 4.2 mm  重量 22.0 g

フランス  20世紀



 中世ヨーロッパの人々にとって、霊験あらたかな聖母子像や聖遺物に詣でることこそが「信仰」でした。中世フランスにおける聖母マリアの巡礼地は、英仏海峡に面するブーローニュ=シュル=メール、黒い聖母があるル・ピュイ=アン=ヴレ受胎告知の際にマリアが身に着けていたヴェール「サント・チュニク」を安置するシャルトル司教座聖堂ノートル=ダム、フランス南西部のピレネー山中にある聖地ロカマドゥールが特に有名でした。





 ロカマドゥールに詣でる巡礼者たちは、衣服や帽子に「スポルテル」(sportelle) と呼ばれる紡錘形の徽章を縫い付けました。本品は中世のロカマドゥール巡礼者たちが身に着けたスポルテルを二十世紀に復元し、上部に吊り輪を付加したものです。

 表(おもて)面には左膝に幼子イエスを乗せたロカマドゥールの聖母が刻まれています。伝統的図像表現に拠る聖母子像において、幼子イエスは聖母の左膝に座り、あるいは聖母の左腕に抱かれます。ノートル・ダム・ド・ロカマドゥールの聖母子像も、この原則に従っています。幼子イエスを聖母の左側(向かって右側)に配する聖画や聖像の意匠は、被昇天後の聖母が天上においてイエスの「右の座」にあることを表します。

 聖母が右手に持っている笏の先に付いているのは、本品ではカドゥーケウスのように見えますが、これはフルール・ド・リス(百合の花)です。スポルテルの周囲にはラテン語で「ロカマドゥールの至福なるマリアの印」(SIGILLUM BEATAE MARIAE DE ROCAMADOUR) と彫られています。





 メダイの裏面にはフランス語で「スポルテル」(sportelle)、「ノートル=ダム・ド・ロカマドゥール巡礼者の印」(insigne des pèlerins de Notre-Dame de Rocamadour) と刻まれています。





 本品のサイズは中世のスポルテルとほぼ同じで、縦 51.6ミリメートル、横 36.5ミリメートル、最大の厚さ 4.2ミリメートルとかなり大きめです。22グラムの重量は、五百円硬貨三枚分強、あるいは百円硬貨四枚分強に相当します。中世のスポルテルに無かった吊り輪が付加されて、身に着けやすくなっています。新品同様の状態です。





9,500円 販売終了 SOLD

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




ノートル=ダム・ド・ロカマドゥールのメダイ 商品種別表示インデックスに戻る

各地で崇敬される聖母のメダイ 一覧表示インデックスに戻る


フランスで崇敬される聖母のメダイ 商品種別表示インデックスに移動する

各地で崇敬される聖母像とイコンのメダイ 商品種別表示インデックスに移動する


聖母マリアのメダイ 商品種別表示インデックスに移動する

メダイ 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS