リュドヴィク・ペナン、ジャン・バティスト・ポンセ作

聖マグダレーナよ、我らのために祈りたまえ》 香油の壺と聖女の横顔のメダイ 直径 15.7 mm


突出部分を除く直径 15.7 mm

フランス  十九世紀末から二十世紀初頭



 顔を斜め上に向けて天を仰ぐマグダラのマリアのメダイ。およそ百年前にフランスで制作されたもので、祈りの言葉にラテン語を使うなど、古い特徴を残しています。





 マリアは裸ですが、豊かな髪がほどかれて、かつて男性に人気のあった聖女の体を隠しています。美しい女性として描かれたマリアは、肉感的な頬や唇のみならず、髪に覆われて見えない項(うなじ)や肩の女性らしい丸みに至るまで、あたかも生身の聖女が眼前にいるかのように完璧に再現されています。聖女はキリストに捧げるナルドの香油を前に置き、いまはただ天上にのみ心を向けて祈っています。





 メダイの縁、壺のあたりに刻印された "P P LYON" の文字は、本品の浮き彫りがペナン及びポンセの作であることを示します。いずれもリヨンのメダイ彫刻家であるリュドヴィク・ペナン(Ludovic Penin, 1830 - 1868)とジャン・バティスト・ポンセ(Jean-Baptiste Poncet, 1827 - 1901)は多くの共作を発表しています。本品の制作時期は十九世紀末または二十世紀初頭であることから、リュドヴィク・ペナンの没後に鋳造された作品であることが分かります。

 聖女の周りには次の言葉がラテン語で記されています。

  SANCTA MAGDALENA, ORA PRO NOBIS.  聖マグダレーナよ、我らのために祈りたまえ。





 上の写真に写っている定規のひと目盛りは、一ミリメートルです。顔の各部、すなわち目、鼻、耳は一ミリメートルほどの極小サイズでありながら、形は美しく整っています。この浮き彫りは百分の一ミリメートルの精密さで制作されています。





 メダイの裏面には、最上部に小さな十字架、その下にフランス語で「サント・ボーム巡礼記念」(仏 souvenir de la Sainte Baume)の文字が記されています。アンティークのファイン・ジュエリー(高級ジュエリー)に見られる彫金技法、ミル打ちを模した小点が、メダイを囲むように飾っています。





 上の写真は本品を男性店主の手に乗せて撮影しています。女性が本品の実物をご覧になれば、写真で見るよりもひと回り大きなサイズに感じられます。





 本品の表面は、真正のアンティーク品ならではの美しいパティナ(古色)で均一に被われています。浮き彫りの磨滅はほとんどありません。その他の点でも特筆すべき問題は何もありません。

 本品は小さくとも本格的な美術品であり、メダイユの国フランスが生み出した芸術の薫り高いペンダントです。メダイのサイズは大きすぎず小さすぎず、日々ご愛用いただけます。





14,800円

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




マグダラのマリア 聖マリ=マドレーヌのメダイ 商品種別表示インデックスに戻る

天使と諸聖人のメダイ 一覧表示インデックスに戻る


天使と諸聖人のメダイ 商品種別表示インデックスに移動する

メダイ 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS