1234年の奇蹟 聖体顕示台を手に兵士を追い払う聖キアラ ラテン語のメダイ 直径 25.8 mm


突出部分を除く直径 25.8 mm

フランス  20世紀初頭



 修道服に身を包んだふたりの聖人、アッシジの聖フランチェスコアッシジの聖キアラを浮き彫りにしたメダイ。古い特徴を残すラテン語のメダイで、フランスにあったものです。メダイにおいて、アッシジの聖フランチェスコとパドヴァの聖アントニウスの組み合わせは多く見られますが、聖キアラ(聖クララ)と組み合わせた例は珍しく、あまり目にすることがありません。





 一方の面には右手に十字架、左手にフランシスコ会の修道会則を持つアッシジの聖フランチェスコが浮き彫りで表されています。整った顔立ちの聖人は、首をわずかに左に傾げて、柔和な表情でこちらを見ています。聖フランチェスコの周囲にはラテン語で「アッシジの聖フランチェスコ」(SANCTUS FRANCISCUS ASSISIENSIS) と書かれています。





 もう片方の面には聖体顕示台を手にした聖キアラが浮き彫りで表されています。1234年、キアラが院長を務めるアッシジの女子修道院に、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世軍の兵士たちが侵入しようとした際、病床にあったキアラがキボリウムを手に窓辺に立つと、兵士たちは梯子から落ち、逃げ出しました。この奇蹟により、聖キアラは聖体容器(キボリウム)あるいは聖体顕示台(モンストランス)を手にした姿で表されることがあります。聖キアラの周囲には、ラテン語で「聖クララ」(SANCTA CLARA) と刻まれています。クララはキアラのラテン語形です。





 このメダイは大きなサイズではありませんが、彫りはたいへん深くて厚みがあり、手に取ると心地よい重みを感じます。聖人の頭部のサイズは、高さがわずかに3ミリメートルほどですが、いずれもたいへん整った顔立ちで、メダイ彫刻家の優れた技量をうかがわせます。摩耗の程度もごく軽く、表面の銀が剥がれているぐらいで、細部までよく残っています。イタリア製に比べて丁寧に作られて美しい物が多いフランスのメダイのなかでも、特に優れた佳作といえましょう。





12,800円 販売終了 SOLD

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




アッシジの聖キアラのメダイ 商品種別表示インデックスに戻る

諸聖人と天使のメダイ 一覧表示インデックスに戻る


諸聖人と天使のメダイ 商品種別表示インデックスに移動する

メダイ 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS