モニク・リウ画 「嵐に遭うとき、海の星を見てマリアに祈れ」 聖ベルナールによるおとめなる御母への讃美 宣教の祈りの小聖画 フランス 1930年代頃


額のサイズ  145 x 105 mm

下部の余白を含む小聖画のサイズ  109 x 69 mm



 聖母子を刷ったフランスの古い小聖画。原画は中国人女性画家モニク・リウ(Monique Liu)によります。小聖画の表(おもて)面には、海原を眼下に、天上で幼子イエスを抱くマリス・ステッラ(羅 MARIS STELLA 海の星)、聖母マリアが描かれています。中国の衣装を身に着けた東洋的な顔立ちの聖母は、西洋の伝統的な図像と同様に左腕に幼子を抱いています。イエスは両腕を広げ、地上の人々に祝福を与えています。





 聖画の右下に、「モニク・リウ画」(Monique Liu, pinxit) の文字があります。"pinxit" はラテン語 "pingo"(描く)の完了形で、「(モニク・リウがこの絵を)描いた」という意味です。聖画の下に次の言葉がフランス語で書かれています。

  Dans la tempête... regardez l'etoile... Invoquez Marie.  嵐に遭うとき、海の星を見てマリアに祈れ。

 これはクレルヴォーの聖ベルナールによる説教「おとめなる御母への讃美」("In laudibus Virginis Matris", Homilia II, 17)からの引用です。





 裏面には宣教信心会のための祈りが記されています。信心会はふたつあって、ひとつは教皇聖下直属宣教信心会(仏 Œuvre Pontificale de la Propagation de la Foi)です。教皇聖下直属宣教信心会は、非キリスト教国で働く宣教師のために祈り、少額の寄附を行います。もうひとつは教皇聖下直属使徒聖ペトロ信心会(仏 Œuvre Pontificale de Saint Pierre Apôtre)です。この信心会は、非キリスト教国における現地人司祭養成のための神学校建設を目指して、祈りと寄附を行います。





 本品は数十年前のフランスで刷られた真正のヴィンテージ小聖画ですが、良質な中性紙が使われているため、紙質の劣化は見られません。その他の点でも特筆すべき問題は無く、全体的にたいへん良好な保存状態です。本品は新品の木製額と赤のヴェルヴェットを使って額装しています。写真に写っている額は木製で、サイズは 14.5 x 10.5 センチメートルです。この額が在庫切れの場合、同等水準の額をご用意いたします。布地の色は青、ベージュ、黒に無料で変更可能です。下記は本体価格で、小聖画、額、布地、工賃を含みます。





8,800円 額装込

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




宣教に関するアンティーク小聖画 商品種別表示インデックスに戻る

カニヴェ、イコン、その他の聖画 一覧表示インデックスに戻る


キリスト教をテーマにしたアンティーク小聖画 商品種別表示インデックスに移動する

カニヴェ、イコン、その他の聖画 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS