(下) 額装の例。





稀少品 綴れ織りによる聖画 十字架上のキリストと三人のマリア 受難のタピスリ


140 x 76 mm

フランス  19世紀後半頃



 十字架上のキリストと三人のマリアを描いた綴れ織り。おそらく19世紀のリヨンあるいはオービュソン(Aubusson リムーザン地域圏クルーズ県)で製作されたものと思われます。刺繍ではなく、織りによって図柄を描出したタピスリ(タペストリー)で、横糸の太さを単位とする微小なドットにより、繊細な陰影を巧みに表現しています。

 「ヨハネによる福音書」十九章によると、イエズス・キリストは十字架上で酸い葡萄酒を受けた後、「成り終れり(成し遂げられた)」と言って頭(こうべ)を垂れ、息を引き取られました。既に死んでおられたイエズスの脇腹を、ローマ兵が槍で突き刺しました。イエズスの受難には、聖母マリアとクロパの妻マリア(マリア・サロメ)、及びマグダラのマリアが立ち会っていました。

 タピスリに表された三人の女性のうち、頭に布を被っているのが聖母マリア、その向こうで両手を振り絞って悲嘆にくれるのがマリア・サロメ、十字架の下に頽(くずお)れて、あたかもイエズスを抱くかのように十字架に縋(すが)るのがマグダラのマリアです。





 上の拡大写真は実物の面積の20倍、定規のひと目盛りは1ミリメートルです。この綴れ織りは 140 x 76 mm と小さなサイズながらも、明暗の諧調が異なる糸を巧みに使い分けることにより、モノクロームの写真のように滑らかな描写を実現しています。

 マグダラのマリアは豊かに波打つ金髪と肉感的な肢体、美しく整った横顔を見せています。女性としての魅力に溢れる姿でマグダラのマリアを表し、また十字架の根元、イエズスに最も近いところで悲しみに耽らせるのは、伝統的な図像表現です。


(下) 参考図像 Pieter Paul Rubens, The Deposition, 1602, oil on canvas, 180 x 137 cm, Galleria Borghese, Rome




(下) 参考図像 Matthias Gruenewald, Isenheim Alterpiece, 1512 - 16, the Unterlinden Museum, Colmar




 タピスリはフランス製で、詳しい製作年代は不明ながら古いものです。同一デザインの大きなタピスリに比べても遜色のない出来栄えであることに驚かされます。保存状態はきわめて良好で、特筆すべき問題は一切ありません。

 なお、木製フレームにベルベットを使用した額装を、手頃な価格で承ります。額の種類と料金につきまして、詳しくはこちらをご覧くださいませ。





 上は上質感ある写真立てを用いた額装(6,300円)で、モニタの設定にもよりますが、写真はほぼ実物大です。写真立てのサイズは縦 27.5センチメートル、横 23センチメートル、厚さ 2.5センチメートルです。壁掛け式・自立式の両様に使えます。額の価格にはベルベット張りマットを含みます。ベルベットの色はご希望に応じます。





聖画のみの価格 9,500円 (額装別) 販売終了 SOLD

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




聖マリ=マドレーヌ マグダラのマリアのアンティーク小聖画 商品種別表示インデックスに戻る

カニヴェ、イコン、その他の聖画 一覧表示インデックスに戻る


聖人と天使のアンティーク小聖画 商品種別表示インデックスに移動する

カニヴェ、イコン、その他の聖画 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS