銀色の合金製 ビザンティン風組紐文の十字架のクルシフィクス 38.8 x 20.2 mm


突出部分を含むサイズ 38.8 x 20.2 mm

フランス  20世紀初頭



 フランスで制作されたものでありながら、単純なシルエットと抽象文様のデザインが東方キリスト教美術の強い影響を感じさせるクルシフィクス。十字架は石造の聖堂を想起させる直線的なシルエットを有し、さらにラテン十字でありながらも、ビザンティン美術の組紐文に似たパターンが表面に浮き彫りにされています。

 聖像表現を忌避する傾向の強いビザンティン彫刻において、極めて少数の例外を除き、丸彫りの像は存在しません。浮き彫りはかろうじて許容されていましたが、ビザンティンの浮き彫りはほとんどが象徴的なものであり、聖なる空間を象徴する組紐文もそのようなもののひとつです。本品はビザンティン美術ではもちろんありませんが、聖堂建築の石材を思わせる十字架に彫られた組紐文は、イエズスのクルシフィクスを飾る浮き彫りとして、この上なくふさわしい文様といえるでしょう。

 上部の環に「フランス」(FRANCE) の文字、及びメーカーのマークが見られます。十字架には破損も摩耗もありません。コルプス(磔刑像)の軽い摩耗も、肉眼では気付きません。百年近く前に製作された聖品としては、たいへん良好なコンディションです。





7,800円 販売終了 SOLD

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




20世紀初頭から1930年代頃までのクルシフィクス 商品種別表示インデックスに戻る

クロスとクルシフィクス 一覧表示インデックスに戻る


小型のクルシフィクス 商品種別表示インデックスに移動する

クロスとクルシフィクス 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS