銀色の合金製 クローヴァの十字架のクルシフィクス 33.7 x 22.0 mm


突出部分を含むサイズ 33.7 x 22.0 mm

フランス  20世紀初頭



 上部の環を含めて3センチメートルちょっとという小さなサイズでありながら、繊細なデザインで製作されたフランスのクルシフィクス。上の写真はいずれも十数倍の面積に拡大していますが、これだけ拡大しても美しさは損なわれません。



 クロスには聖堂建築を思わせるパターンが彫刻され、各先端部分はフランス語でトレフル(trefle 「三つ葉」)と呼ばれるクローヴァ形に造形されています。各トレフルの内部には様式化された小さな樹があり、とても小さな三つのトレフルが付いています。この小さな樹は聖堂建築の柱頭浮き彫り等において見られる「生命の樹」を連想させ、キリストが架かった木(十字架)が、キリスト教徒にとってはまさに「生命の樹」であることを思い起こさせます。

 クロス表面が彫りくぼめられた部分は、単に凹んでいるだけではなくて、微小な凹凸が丁寧に施されています。クロスには破損も摩耗もありません。コルプス(磔刑像)の表面が磨滅しているのは、真正のアンテイークならではの味わいといえます。ただしこのアンテイークらしさも、実物を十数倍の面積に拡大した商品写真でこそ気付きますが、実物を見てもわからないのはかえって残念な気がいたします。およそ100年も前に製作されたアンティーク品としては、たいへん良好なコンディションです。





8,800円 販売終了 SOLD

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




20世紀初頭から1930年代頃までのクルシフィクス 商品種別表示インデックスに戻る

クロスとクルシフィクス 一覧表示インデックスに戻る


小型のクルシフィクス 商品種別表示インデックスに移動する

クロスとクルシフィクス 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS