透かし細工によるフルール・ド・リス ベル・エポック フランス再生のクルシフィクス 39.1 x 23.5 mm


突出部分を含むサイズ 39.1 x 23.5 mm

フランス  19世紀後半から20世紀初頭



 繊細なデザインの美麗なクルシフィクス。





 このクルシフィクスの十字架には、八つのフルール・ド・リス(百合紋あるいはアヤメ紋)が隠されています。すなわち十字架の各先端部は、フルール・ド・リスのシルエットを象(かたど)り、そこに透かし彫りを施して、内側に小さなフルール・ド・リスを配しているのです。

 フルール・ド・リス (fleur-de-lys) はフランスの象徴です。一方、八という数字はキリスト教において「再生」を意味します。したがってこのクルシフィクスはキリストが死に打ち勝ったことを表すと同時に、八つのフルール・ド・リスを飾ることにより、普仏戦争とコミューンの壊滅的ともいえる痛手から立ち上がったカトリック国フランスの再生をも表しています。

 クロスには破損も摩耗もありません。コルプス(磔刑像)の表面が磨滅しているのは、真正のアンテイークならではの味わいといえます。およそ100年も前に製作されたアンティーク品としては、たいへん良好なコンディションです。





9,500円 販売終了 SOLD

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




20世紀初頭から1930年代頃までのクルシフィクス 商品種別表示インデックスに戻る

クロスとクルシフィクス 一覧表示インデックスに戻る


小型のクルシフィクス 商品種別表示インデックスに移動する

クロスとクルシフィクス 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS