ロバート・ガヴィン作 「フィービ・メイフラワー」 チャールズ・ヘンリー・ジーンズによる美しいインタリオ 1866年

Phoebe Mayflower


原画の作者 ロバート・ガヴィン(Robert Gavin, R.S.A., 1827- 1883)

版の作者 チャールズ・ヘンリー・ジーンズ(Charles Henry Jeens, 1827 - 1879)


画面サイズ  縦 220 mm  横 175 mm



 スコットランドの画家ロバート・ガヴィンによる「フィービ・メイフラワー」(Phoebe Mayflower)。フィービ・メイフラワーは本品に描かれた女性の名前で、ウォルター・スコット(Sir Walther Scott, 1771 - 1832)が 1826年に書いた小説「ウッドストック」(Woodstock, or The Cavalier)に登場します。




(上) Robert Gavin R.S.A., "Portrait of Phoebe Mayflower", Exhibited at the Royal Scottish Academy 1857, oil on canvas, 65 x 50 cm


 本品の原画はロバート・ガヴィンの油彩画で、1857年に王立スコットランド・アカデミーの展覧会で発表されました。

 ロバート・ガヴィン(Robert Gavin, R.S.A., 1827- 1883)は、 1827年、エディンバラ北郊の町リース(Leith)に生まれました。子供を描き込んだ風景画をはじめ、ガヴィンが描く作品は親しみやすい画風で人気を集めました。1854年、王立スコットランド・アカデミーの準会員に選出され、同アカデミーの展覧会に多数の作品を出展しています。「フィービ・メイフラワー」は 1857年の展覧会で発表された作品で、ガヴィンの全作品のなかで最もよく知られています。

 1868年、ガヴィンはアメリカ合衆国に渡って黒人の生活をテーマにした数点の作品を制作し、いったん帰国したあと、すぐにモロッコに渡ってタンジールで数年を過ごし、ムーア人をテーマに多数の作品を描きました。ガヴィンはモロッコ滞在中の 1879年に王立スコットランド・アカデミー正会員となり、翌 1880年に帰国後も、モロッコを題材にした作品を描き続けました。





 本品はチャールズ・ヘンリー・ジーンズによるインタリオ(伊 intaglio 凹版)で、1857年にガヴィンが描いた油彩画を基に、1866年の「ジ・アート・ジャーナル」("The Art Journal"で発表された作品の実物です。版の制作にはおよそ二年を要しています。

 チャールズ・ヘンリー・ジーンズ(Charles Henry Jeens, 1827 - 1879)はロバート・ガヴィンと同じ 1827年に、イングランド西部グロスタシャーの村ユーリー(Uley)で生まれました。歴史画のエングレーヴァーであるジョン・ブレイン(John Brain, fl. 1836 - 79)の元で徒弟修業をし、後には人物画のエングレーヴァーであるウィリアム・グレイトバーク(William Greatbach, 1802 - c. 1885)の元でも学びました。初期のジーンズは小品を得意とし、郵便切手用のヴィクトリア女王の頭部や、当時イギリスの植民地であったニューファンランド(Newfoundland 現カナダ領)で 1860年代に発行された風景切手の版を彫っています。「ジ・アート・ジャーナル」では 1854年から 1879年までの間に十七点を発表しています。本品はそのうちの一点で、1866年の作品です。

 ジーンズは 1877年にエドワード・アーミテイジ(Edward Armitage RA, 1817 - 1896)の「ヨセフとマリア」(Joseph and Mary)を製版し、続いてジョン・バグノルド・バージェス(John Bagnold Burgess RA, 1829 - 1897)の「ジプシーにさらわれた少女」(Stolen by gipsies - the rescue)に取り掛かりました。しかしジーンズは二年後に亡くなりましたので、この作品は未完となり、ラム・ストックス(Lumb Stocks, 1812 - 1892)が引き継いで完成しています。





 本品はフィービ・メイフラワー自身、及び身に着けている物(衣服、帽子、籠とその中身)をエングレーヴィングで、背景をエッチングで制作しています。背景に繁る木の葉のサイズは一ミリメートルに足りません。

 帽子が顔の上半分に作る陰と、額のあたりに漏れている光、顎の下の結び目が喉もとあたりに作る陰など、フィービの肌には極めて自然な光と陰翳が表現されていますが、これはすべて線の連続と不連続、深い溝と浅い溝の切り替えのみで実現されており、その名人芸は空恐ろしく感じられるほどです。


 「フィービ・メイフラワー」はジーンズによるエングレーヴィングの代表作で、大英博物館にも収蔵されています。この収蔵品(the British Museum 1872,1012.6205)は大英博物館が 1872年にロンドンの美術商エドワード・ダニエル(Edward Daniell)から買い入れたものです。大英博物館の収蔵品に本品と異なるサイズが表示されていますが、これは大英博物館が余白を含めたサイズを表示しているのに対して、アンティークアナスタシアは画面のサイズを表示しているからです。アンティークアナスタシアの版画と大英博物館の版画は全く同じものです。




 本品は劣化しない中性紙に刷られていますので、百五十年以上前のアンティーク版画であるにもかかわらず、たいへんきれいな状態を保っています。版画は未額装のシートとしてもご購入いただけますが、当店では無酸のマットと無酸の挿間紙を使用し、美術館水準の保存額装を提供しています。上の写真は額装例で、外寸 40 x 31センチメートルの木製額に、赤色ヴェルヴェットを張った無酸マットを使用しています。この額装の価格は 24,800円です。

 額の色やデザインを変更したり、マットを替えたりすることも可能です。無酸マットに張るヴェルヴェットは青や緑、ベージュ等に変更できますし、ヴェルヴェットを張らずに白や各色の無酸カラー・マットを使うこともできます。

 版画を初めて購入される方のために、版画が有する価値を解説いたしました。このリンクをクリックしてお読みください。





エングレーヴィングの価格 42,000円 (額装別)

電話 (078-855-2502) またはメールにてご注文くださいませ。




サー・ウォルター・スコットの作品に基づくエングレーヴィング 商品種別表示インデックスに戻る

文学作品に基づくアンティーク版画 一覧表示インデックスに戻る


イギリスの文学作品に基づくアンティーク版画 商品種別表示インデックスに移動する

文学作品に基づくアンティーク版画 商品種別表示インデックスに移動する


19世紀を中心としたアンティーク版画 商品種別表示インデックスに移動する


美術品と工芸品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS