ノートル=ダム・デスペランス・ド・ポンマン 希望の聖母 細密彫刻による初期の銀製メダイ


突出部分を除く直径 24.2 mm

フランス  1877年頃



  驚くべき細密彫刻でポンマン聖堂を表したメダイ。ポンマン聖堂が1877年に完成した際に制作されたものであろうと思われます。


 一方の面には、ポンマンの村にある民家のひとつ、ギドコック家の上空に出現したポンマンの希望の聖母 (Notre-Dame d'Espérance) を浅浮き彫りで表しています。ポンマンに住む12歳の少年ウジェーヌが空中の聖母を最初に目撃し、集まって来た子供たちにも聖母が見えました。聖母の姿は大人には見えませんでしたが、村の司祭ゲラン神父がその場で祈祷会を始めると、青い楕円形と、火がついていない4本のろうそくが、聖母を取り囲むように現れ、心臓の位置には赤い十字架が現れました。やがて聖母の衣に輝く星のひとつが衣を離れて、聖母の周りにある4本のろうそくに火をつけてゆきました。


フランスの古いカード。当店の商品です。


 メダイに表されているのは、この段階の聖母の姿です。青い楕円と四本のろうそくに囲まれた聖母は、足を地に着けずに空中に浮かんでいます。特徴的な形の帽子を被った聖母は、やはり特徴的な形の十字架を胸の前に掲げ持って、人々に示しています。聖母の出現は夜に起こった出来事であったので、聖母の周囲では美しく澄んだ夜空に星が瞬いています。






 もう一方の面には、フランス語で「ロブ」(lobe) と呼ばれるクラシカルな四つ葉形の画面に、ネオ・ゴシック式の壮麗な聖堂を浅浮き彫りで表します。ロブの外側には、小さなフルール・ド・リス(fleur de lys アヤメ文)とアカンサス文を四箇所に配し、背景を細かい条線で埋め尽くしています。聖堂の周囲には、フランス語で「ノートル=ダム・ド・ポンマン(ポンマンの聖母)の聖地」(Sanctuaire de Notre-Dame de Pontmain) と書かれています。





 ポンマンの聖堂は聖母出現を記念して、1873年から1877年にかけて当地に建設されました。1908年には教皇ピウス10世によってバシリカとされますが、このメダイが制作されたのは19世紀ですので、バシリカ(フランス語で basilique)という言葉はまだ使われていません。

 聖堂の下にはメダイを制作した工房フリト・フォリ・エディトゥール (Friteau Folie Éditeur) の名前が刻まれています。フランス語で「出版社」「版元」を表す「エディトゥール」が工房名になっているのは、メダイに並んで聖画の制作も行っていたためでしょう。

 この聖堂の浮き彫りは縦横のサイズがそれぞれ17ミリメートル、10ミリメートルで、非常に細密な彫刻が特徴です。下の写真は実物を200倍の面積に拡大したもので、定規のひと目盛りは1ミリメートルです。薔薇窓の直径は最大のもので1.5ミリメートル、最小のもので0.3ミリメートル、その他の部分も非常に小さなサイズですが、ゴシック式聖堂の複雑な形態が忠実に写されています。浅浮き彫りであるにもかかわらず、細部までよく残っています。





 圧倒的な災厄に否応なく巻き込まれたポンマンの人々に、「それでも祈りなさい、子供たちよ。神はあなた方の祈りをすぐに聞き入れてくださいます」("Mais priez, mes enfants. Dieu vous exaucera en peu de temps.")、「わが息子は憐れんで心を動かします」("Mon fils se laisse toucher...") と語りかけた聖母は、「ノートル=ダム・デスペランス」(Notre-Dame d'Espérance 希望の聖母)と呼ばれるようになり、二度の世界大戦をくぐることになるフランスの人々に希望を与え続けました。

 本品はバック通りの聖母のメダイやルルドの聖母のメダイに比べて格段に稀少であるうえに、聖堂が完成した1877年に制作されたと思われる真正のアンティーク品です。高価な800シルバーを惜しまず使い、十分な厚みと直径を確保してあり、特別な機会にふさわしい高級品となっています。





8,800円 販売終了 SOLD

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




ポンマンの聖母のメダイ 商品種別表示インデックスに戻る

各地に出現した聖母のメダイ 一覧表示インデックスに戻る


各地に出現した聖母のメダイ 商品種別表示インデックスに戻る

聖母マリアのメダイ 商品種別インデックスに戻る

メダイ 商品種別インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS