稀少品 空中で祈るボーランの聖母 アール・デコ様式による七角形のメダイ 22.9 x 16.7 mm


突出部分を含むサイズ 縦 22.9 x 横 16.7 mm

1940 - 50年代



 1932年11月29日から 1933年1月3日まで、ベルギーにある人口 8,500人ほどの町ボーラン (Beauraing) において、5人の子供たちに聖母マリアが出現しました。本品はボーランの聖母出現をテーマに制作された珍しい品物で、直線と幾何学模様を多用したアール・デコ様式に基づいています。


 最初の出現、及びその翌日の出現の際、聖母は寄宿学校の近くにある鉄道橋の上で空中に浮かんでいました。聖母は丈の長い衣を着て、長いヴェールをかぶっていました。頭からは幾条もの細い光線が発していました。聖母は祈るような形に両手を合わせ、ほほ笑んでいました。その翌日の12月1日には聖母は丈の長い衣を着ていました。衣の色は白で、青味がかった光沢がありました。頭にかぶったヴェールも長く、肩にかかっていました。また頭からは幾条もの細い光線が発しており、王冠をかぶっているように見えました。聖母は祈るような形に両手を合わせ、ほほ笑んでいました。出現が終わりに近づいた12月29日には、聖母の両腕の間に金色の心臓(聖心)が見えました。

 聖母は「無原罪のおとめ」(La Vierge Immaculée) と名乗り、子供たちには「良い子でいなさい。よく祈りなさい。」と言いました。

 1933年1月3日、最後の出現の際、聖母は15歳の少女フェルナンド・ヴォワザン に「私の息子を愛していますか」と尋ね、フェルナンドが「はい」と答えると、聖母は「私を愛していますか」と尋ねました。フェルナンドがふたたび「はい」と答えると、聖母は「私のために自身を捧げなさい」と言い、姿が見えなくなりました。

 ボーランの聖母に対する崇敬は、1943年2月2日に承認されました。





 本品は右腕にロザリオを掛けて祈るように手を合わせるボーランの聖母を浮き彫りにし、周囲にフランス語で「ノートル=ダム・ド・ボーラン」(Notre-Dame de Beauraing フランス語で「ボーランの聖母」)と記しています。聖母は長い衣と長いヴェールを身に着けており、体の中心すなわち心臓のあたりから多数の光条を発出しています。聖母の足下にある雲は、ボーラン聖母が空中に出現したことを表します。


 ボーランの聖母の出現後にあたる 1933年から1935年までは、イエズスの愛を記念する「購いの聖年」とされました。しかしながら聖年が始まった 1933年にはヒトラー内閣が成立し、1935年3月16日にヒトラーはドイツの再軍備を宣言します。同年9月15日にはニュルンベルクにおけるナチ党大会でニュルンベルク法 (Nuernberger Gesetze) が制定されてナチのハーケンクロイツ(鉤十字旗)が正式のドイツ国旗となり、ユダヤ人に対する本格的な迫害と絶滅政策が始まります。

 第二次世界大戦当時、ボーランがあるベルギーは中立国でしたが、1940年5月10日、ドイツ軍はベルギーに侵攻しました。激しい戦闘の末、5月28日、ベルギー軍は数千名の戦死者を出して降伏し、ドイツはベルギーを通ってフランスに攻め込みます。イエズス・キリストと聖母の願いである愛による世界支配とは正反対の、憎しみによる世界支配が間もなく実現し、未曾有の規模の大戦が始まる前夜に、聖母はボーランに現れ給うたのです。





 聖母出現を記念して制作されたメダイのなかでも、「不思議のメダイ」や「ルルドの聖母のメダイ」は多くの種類があり、品数も豊富ですが、「ボーランの聖母のメダイ」は非常に稀少で、めったに見つかりません。

 本品の保存状態はきわめて良好です。数十年前に制作された真正のヴィンテージ品にもかかわらず、突出部分にも磨滅はほとんど見られません。





8,800円

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




ボーランの聖母のメダイ 商品種別表示インデックスに戻る

各地に出現した聖母のメダイ 一覧表示インデックスに戻る


各地に出現した聖母のメダイ 商品種別表示インデックスに戻る

聖母マリアのメダイ 商品種別インデックスに戻る


メダイ 商品種別インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS