最初期の作例 極稀少品 A. ザッキ作 「幼きイエズスのテレーズ修道女 1873 - 1897年」 列福前のメダイ 直径 18.7ミリメートル

Sœur Thérèse de l'Enfant-Jésus, 1873 - 1897


突出部分を除く直径 18.7 mm

フランス  20世紀初頭



 リジューの聖テレーズをテーマにした最初期のメダイ。リジューの聖テレーズは最もよく知られた聖人のひとりであり、四人しかいない女性教会博士のひとりであるとともに、フランスの守護聖人のひとりでもありますが、このメダイが制作されたときは、未だ列聖も列福もされていない一介の「スール・テレーズ」(仏 Sœur Thérèse シスター・テレーズ、テレーズ修道女)」でした。





 メダイ表(おもて)面の浮き彫りにおいて、テレーズは跣足カルメル会の茶色いヴォワル(仏 voile ヴェール)とアビ(仏 habit ハビット、 修道服)、白いコワフ(仏 coiffe ウィンプル)とマントを身に着けています。テレーズの左肩付近、メダイん縁に近いところに、メダイユ彫刻家 A. ザッキ(A. Zacchi)のサインが刻まれています。





 テレーズは没後二十六年目の 1923年に早くも列福されましたが、福者テレーズのメダイは、この段階で既に、薔薇が咲きこぼれるクルシフィクスを胸に抱き、メダイを見る者に向かってほほ笑む姿に定型化されます。しかしながら本品において、テレーズは薔薇のクルシフィクスを抱かずにまっすぐ前を見つめており、上に示した肖像画に基づいて制作されていることがわかります。上の肖像画は二十世紀初頭、遅くとも1910年頃までには流布していました。





 メダイの裏面上部には、次の言葉がフランス語で記されています。

  Sœur Thérèse de l'Enfant-Jésus, 1873 - 1897  幼きイエズスのテレーズ修道女 1873 - 1897年


 その下にはテレーズ修道女の言葉が刻まれています。なお本品表(おもて)面のモデルとなった肖像画の縁にも、同じ言葉が記されています。

  Je veux passer mon ciel à faire du bien sur la terre.  私は地上に善を為すために、天での時を過ごしましょう。


 リジューのテレーズはフランスのみならず世界でも最も人気がある聖人のひとりであり、この人のメダイ自体は決して珍しい物ではありません。しかしながらテレーズが「福者」(仏 Bienheureuse) であったのはおよそ二年間であるのに対し、「聖人」(仏 Sainte) とされてからは九十年近くの年月が経っています。それゆえテレーズのメダイのうち九十九パーセントは「聖テレーズ」のものであり、「福者テレーズ」のメダイはたいへん稀少です。

 しかるにさらに稀少なのが尊称を付けない列福以前の作例です。本品は列福以前に制作された「スール・テレーズ」(Sœur Thérèse テレーズ修道女)のメダイで、博物館の収蔵品クラスと言っても大げさではない稀少品です。テレーズのメダイを長年扱っている筆者(広川)も、「スール・テレーズ」のメダイを手にするのは本品がようやく三点目で、本当は手放したくないぐらいなのですが、アンティークアナスタシアは博物館ではないので、価値がわかる方にお譲りいたします。





 本品はリジューのテレーズをモティーフにした最初期のメダイであり、およそ百年あるいはそれ以上前のフランスで制作された真正のアンティーク品です。保存状態は極めて良好で、突出部分にもほとんど摩耗がありません。お買い上げいただいた方には必ずご満足いただけることと存じます。





18,800円

電話 (078-855-2502) またはメールにてご注文くださいませ。




リジューの聖テレーズ(幼きイエズスの聖テレジア)のメダイ 商品種別インデックスに戻る

諸聖人と天使のメダイ 一覧表示インデックスに戻る


諸聖人と天使のメダイ 商品種別表示インデックスに移動する

メダイ 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する