よき勧めの聖母と、聖心を示すキリスト 美麗な「愛のメダイ」 直径 22.3 mm


突出部分を除く直径 22.3 mm

フランス  1920 - 30年代



 「母子の愛」と「神の愛」をテーマに、80年ないし90年前のフランスで制作された美麗な「愛のメダイ」。一方の面には「よき勧めの聖母」を、もう一方の面には「聖心を示すキリスト」を、それぞれ立体的な浮き彫りで表しています。サイズは大きめで、百円硬貨と同じ直径です。





 よき勧めの聖母はローマの中心部からおよそ40キロメートル東、ジェナッツァーノ(Genazzano ラツィオ州ローマ県)にある聖画像です。聖母子は、共に戴冠し、天上の栄光に包まれています。聖母は幼子イエズスを左腕に抱いていますが、これは聖母が天国においてイエスの右(すなわち、向かって左)に座することを表します。幼子イエスが両腕で母の首元を抱き、母子が顔を寄せて睦み合うさまは、普通の親子と変わらない愛情の通い合いを描いて、見る者に親しみと共感を覚えさせます。

 ジェナッツァーノの聖堂にある「よき勧めの聖母」の実物は、壁から剥離した二次元のフレスコ画です。しかしながら本品は立体的な浮き彫りにより、二次元の聖母子像に三次元性を与え、あたかも生身の聖母子を眼前に見るかのような臨場感を以て再現しています。すなわち本品はジェナッツァーノの聖母子像の単なる複写ではなく、メダイユ彫刻というメディウム(媒体)によって、「よき勧めの聖母」に新たな生命を吹き込んだ芸術品であるといえます。

 本品においては、聖母子を囲むように、ゴシック典礼体のラテン語で、「マーテル・ボニー・コーンシリイー」(MATER BONI CONSILII よき勧めの聖母」)と書かれています。ジェナッツァーノの「よき勧めの聖母」をわが国で眼にすることはめったにありませんが、フレスコ画によるこの聖母子像は世界中で崇敬を集め、毎年大勢の巡礼者が訪れています。教皇やマザー・テレサも「よき勧めの聖母」を訪れ、執り成しを願っています。





 もう一方の面には聖心を示すキリストを浮き彫りにしています。キリストの聖心は神の愛の形象化であり、その愛は人知を絶する強さゆえに炎を噴き上げ、強烈な光輝を発しています。本品のこちら側の面は、キリストの背景がメダイの縁から中心に向かって彫りくぼめられています。そのためこの面のキリスト像も、もう一方の面の「よき勧めの聖母」と同様に、優れた立体性を有します。





 本品は80年ないし90年前のフランスで制作された真正のヴィンテージ品ですが、古い年代にもかかわらず、鋳造当時と変わらない良好な保存状態です。いずれの面も丸みを帯びて美しく仕上げられており、じっと見つめていると優しい気持ちになります。





12,800円

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




イエスの聖心をテーマにしたその他のメダイ 商品種別インデックスに戻る

イエス・キリストと聖霊のメダイ 一覧表示インデックスに戻る


聖心のメダイ 商品種別表示インデックスに移動する

イエス・キリストと聖霊のメダイ 商品種別表示インデックスに移動する


メダイ 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS