聖心のガルド・ドヌールのメダイ
médailles de la Garde d'honneur du Sacré-Cœur


 マリ・デュ・サクレ=クール修道女(Sœur Marie du Sacré-Cœur 聖心のマリア修道女 1825 - 1903)はフランス南東部ブルカンブレス(Bourg-en-Bresse ローヌ=アルプ地域圏アン県)の聖母訪問会員でしたが、1863年、中央に聖心が輝く時計の文字盤を幻視しました。この幻視をきっかけにして始まったのが「聖心のガルド・ドヌール信心会」(la Confrérie de la Garde d'honneur du Sacré-Cœur)で、1897年6月1日、教皇レオ十三世によって大信心会に昇格しました。


 銀無垢の高級品 極稀少品 聖心のガルド・ドヌール イエスの聖心に身を捧げ、地上を神の国にするメダイ 直径 20.0 mm フランス 1897年 販売終了 SOLD

 稀少品 聖心のガルド・ドヌール 大信心会昇格記念の大型メダイ 直径 28.1 mm フランス 1897年 販売終了 SOLD




聖心のメダイ 商品種別表示インデックスに戻る

イエズス・キリストと聖霊のメダイ 一覧表示インデックスに戻る


イエズス・キリストと聖霊のメダイ 商品種別表示インデックスに移動する

メダイ 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS