聖遺物 「不思議の尊き御血」 1405年の奇蹟のメダイ 直径 20.6 mm


突出部分を除く直径 20.6 mm

ベルギー  20世紀初頭



 ベルギー、ワロン地域のブラバン・ワロン州オファン=ボワ=セニュール=イサーク (Ophain-Bois-Seigneur-Isaac) にあるプレモントレ会の修道院、ボワ=セニュール=イサーク修道院 (L'abbate de Bois-Seigneur-Isaac, ABBATIA SILVAE DOMINI-ISAAC)のメダイ。1405年6月5日、ボワ=セニュール=イサーク修道院において、エウカリスチア(聖体)が血を流すという奇蹟が起こりました。本品はおそらく「不思議の尊き御血」の奇蹟が起こって600年目にあたる 1905年に鋳造されたものです。





 メダイの片面の中央には浮き彫りにされている聖遺物の顕示台は、1405年に血を流した奇蹟の聖体と、血痕が付いた聖体布を安置するためのものです。顕示台の左右に小麦の束と葡萄の木の枝が浮き彫りにされ、周囲にフランス語で「不思議の尊き御血 1405年」(Saint Sang de Miracle, 1405) と記されています。

 左右の小麦と葡萄はミサに使われるパンとぶどう酒の原料で、ミサの際の聖変化によってそれぞれキリストの御体、御血となります。ミサはキリストの受難の完全な再現であり、パンとぶどう酒に現存するイエズス・キリストは、ミサが行われるたびに贖罪の生贄(いけにえ)となります。ただ通常はミサにおいては血が流れず、歴史上の受難とミサはその一点において異なるのですが、1405年の奇蹟においては聖体が実際に血を流されたのでした。





 メダイのもう一面の最上部には、奇蹟が起こった地名、あるいは修道院の名前であるボワ=セニュール=イサーク (Bois-Seigneur-Isaac) の文字が刻まれています。その下には、中央に、葡萄の木と茨を継いだような植物が見えます。葡萄の木と茨を継ぐことは実際にはできませんが、現実にはありえないこの植物は、人知を絶したミステリウムであるキリストの受肉、すなわちイエズス・キリストにおける神格と人格の位格的結合 (UNIO HYPOSTATICA) を表しています。

 葡萄の木はイエズス・キリストの象徴、あるいは生命の象徴です。これに対して受難の茨は、いうまでもなく死を意味します。人となったイエズスは受難において死を経験されましたが、その根あるいは根源は神の生命に繋がって、復活により死に打ち勝ちました。

 植物をはさんで左右には楕円に囲まれた十字架と円柱状の聖遺物容器があり、それぞれの周囲にフランス語で次のように書かれています。

  Vraie Croix Miraculeuse 1204  不思議なるまことの十字架 1204年

  Epine de la Sainte Couronne de Notre Seigneur  主の聖なる冠の棘


 「まことの十字架」とはイエズス・キリストの磔刑に使われた十字架で、コンスタンティヌス大帝の母ヘレナ (Sancta Flavia Iulia Helena Augusta, c. 250 - 330) が 312年にエルサレムで発見したとされる聖遺物です。「まことの十字架」の破片はコンスタンティノープルの帝室が所蔵していましたが、これを含む聖遺物のコレクションが第四回十字軍(1202 - 1204年)によって西ヨーロッパに持ち出されました。メダイに刻まれた 1204年という年号は、メダイのこの面に刻まれた聖遺物、すなわちまことの十字架の破片、及び茨冠の棘がもたらされた年号でしょう。ちなみに、ブリュージュの尊き御血のバシリカ (La Basilique du Saint-Sang de Bruges) にある有名な聖遺物「キリストの御血」も 1204年頃にブリュージュにもたらされたと考えられています。

 メダイは突出部分に多少の磨耗がありますが、細部は全体的によく残っており、大きな問題はありません。真正のアンティーク品ならではの趣あるコンディションです。





11,800円 販売終了 SOLD

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




イエズス・キリスト 聖遺物のメダイ 商品種別インデックスに戻る

イエズス・キリストと聖霊のメダイ 一覧表示インデックスに戻る


イエズス・キリストと聖霊のメダイ 商品種別表示インデックスに戻る

メダイ 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS