純金箔による無原罪の御宿りと十字架 天国のメダイ 青色ガラスに800シルバーの枠付 18.0 x 13.9 mm


突出部分を含む縦横のサイズ 18.0 x 13.9 mm  最大の厚さ 5.7 mm

フランス  1850 - 1880年代頃



 丸みのある形が愛らしい聖母と十字架のメダイ。青のガラス製ビーズと純金箔を使った手の込んだ作りで、800シルバー製の枠を取り付けています。ビーズはふたつともカボション型で、純金箔で聖母を描いたビーズは濃いブリュ・マリアル(マリアン・ブルー)、やはり金箔で十字架を描いたビーズは淡いトルコ石色をしています。華やかな金色と鮮やかな青の組み合わせは見た目もたいへん美しいですが、それぞれの色にはキリスト教的な深い意味、象徴性が込められています。すなわち青はマリアの色であるとともに、空の色、すなわち天国を象徴する色でもあります。金も青と同様に天国の栄光を表します。





 聖母は球体の上に立ち、両手を斜め下に向けて広げています。これは「無原罪の御宿り」(IMMACULATA CONCEPTIO) を表す伝統的図像で、不思議のメダイの聖母も同じ姿勢を取っています。十字架は単純なシルエットのラテン十字で、救い主イエズスが架かり給うた荒削りの十字架を思わせます。これらの図像は不透明ガラス製のカボション・ビーズに純金箔を貼り付け、その上から透明ガラスあるいはガラス質の釉薬を流し掛けることで固定されています。聖母は表面の透明なガラス層が剥離して金箔が露出していますが、金箔が剥がれることはありません。堅い木の棒を使い、強い力でゴシゴシ擦(こす)ってテストしましたが、金箔にはいっさい影響が見られず、全く大丈夫でした。ご安心ください。





 カボション・ビーズを嵌め込んだ銀製の枠は、十字架をベースにデザインされています。上部の環に、800シルバーを示すフランスのホールマーク(イノシシの頭)、及びフランスの銀製品工房の刻印があります。

 このメダイは「無原罪の御宿り」の教義が注目を浴びた時代に製作されたもので、19世紀フランスならではのの品物となっています。青と金の取り合わせが見た目に美しいですが、それぞれの色には深い意味があります。丸みを帯びたデザインも可愛らしく、保存状態も良好です。





15,800円 販売終了 SOLD

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




十字架のメダイ 商品種別表示インデックスに戻る

イエズス・キリストと聖霊のメダイ 一覧表示インデックスに戻る


イエズス・キリストと聖霊のメダイ 商品種別表示インデックスに移動する

メダイ 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS