稀少な新品 純白の亜麻布にリュクスイユ製レースの縁取り 「わが魂は主をあがめ」 19 x 19 cm


フランス   20世紀前半



 真っ白な亜麻布をレースで縁取ったナプキンあるいはハンカチーフ。新生児の洗礼を祝う記念品です。青い小さなリボンが付いていることから、男の子用であることがわかります。今から数十年前の二十世紀前半に、フランス東部の町リュクスイユで作られたものですが、たいへん珍しいことに、セロファンと紙の袋に入ったまま、新品の状態で残っています。





 セロファンには花の形のステッカーが貼ってあり、「リュクスイユ・ヴェリターブル」(LUXEUIL VERITABLE フランス語で「真正のリュクスイユ製」の意)、「ウヴラージュ・マン」(OUVRAGE MAIN フランス語で「手作り品」の意)と記されています。

 リュクスイユ=レ=バン(Luxeuil-les-Bains ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏オート=ソーヌ県)はスイスに近いフランス東部の町です。「レ・バン」はフランス語で温泉のことですが、リュクスイユ=レ=バンはその名が示す通り、全仏に良く知られた温泉地です。十九世紀半ば、当時のフランス皇帝ナポレオン三世夫妻が湯治のためにこの地を訪れました。その際、皇后ウジェニーには当地のレース職人が作った日傘が、またウジェニーの姉であるスペイン王女マリア・フランシスカ・デ・サレスには、同じく刺繍を施したローブが献上されたのですが、これらの品の美しさが評判となり、リュクスイユのレース産業は大いに繁栄しました。リュクスイユのレースは第一次大戦を境に衰退しますが、伝統技法の継承を目的として、1978年に技術学校が設立されています。





 本品はポケット状になるように折りたたんだ状態で、糸を使って台紙にしつけられています。しつけ糸を切って台紙から外すと、一枚のナプキンまたはハンカチーフになります。しつけた状態でポケット状になっている部分には、多色刷り石版による小聖画が差し込まれています。小聖画は五色のインクと金彩に彩られ、中世の祈祷書マニュスクリプトを模したゴシック典礼体で、「マーグニフィカト」(羅 MAGNIFICAT)の冒頭がフランス語で引用されています。

  Mon âme exalte le Seigneur.  わが魂は主をあがめ




(上) クレール・ドミニク・ローラン作 大型メダイユ 「マーグニフィカト」 直径 63.1 mm 1982年 当店の商品です。

 「マーグニフィカト」(羅 MAGNIFICAT)は「崇(あが)める」という意味のラテン語の動詞です。若きマリアは受胎を告知された後、親類のエリザベトを訪ねた際に、神に向かって賛歌を歌いました(「ルカによる福音書」 1章 47節から55節)。「マーグニフィカト」はこの賛歌の冒頭にある語です。





 この小聖画は数十年前のフランスにおいて製作されたものです。手作業によるレース細工は非常に丁寧で、石版画も美しく仕上がっています。未使用のアンティーク品は非常に珍しいですが、本品は台紙にしつけられ、当時の袋に入ったままの新品です。保存状態は極めて良好で、特筆すべき問題は何もありません。畳んだ状態のまま台紙から外して額装することもできます。





11,800円

電話 (078-855-2502) またはメールにてご注文くださいませ。




小聖画付 新生児の洗礼祝い品 商品種別表示インデックスに戻る

カニヴェ、イコン、その他の聖画 一覧表示インデックスに戻る


キリスト教をテーマにしたアンティーク小聖画 商品種別表示インデックスに移動する

カニヴェ、イコン、その他の聖画 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する