クロワ・トゥアレグ (トゥアレグ十字) croix touareg

 サハラ西部に住む遊牧民でベルベル人の一派であるトゥアレグ族の男性が身に着ける十字架形アクセサリー。父から若者に伝えられる銀製アクセサリーです。二十あまりの種類があり、それぞれが特定の町を象徴的に表します。

 トゥアレグ族はイスラム教徒です。クロワ・トゥアレグ(トゥアレグ十字)の形状は、キリスト文明圏の十字架に影響を受けているとの説がありますが、その起源は定かではありません。


 クロワ・トゥアレグ トゥアレグ十字 ブロンズに銀めっき 大型の作例 60.9 x 41.7 mm フランス 1930 - 50年代

 伝統技法による手作りのトゥアレグ十字 銀無垢の高級品 大型の作例 64.2 x 41.9 mm フランス 1910 - 30年代頃 販売終了 SOLD

 伝統技法による銀無垢トゥアレグ十字 可愛いサイズの手作り品 25.1 x 15.3 mm フランス 1910 - 30年代頃

 クロワ・トゥアレグ 小さめサイズのトゥアレグ十字 23.5 x 14.6 mm フランス 20世紀中頃 販売終了 SOLD

 稀少デッド・ストック品 925シルバー製 クロワ・トゥアレグ トゥアレグ十字 28.6 x 21.0 mm フランス 1970年頃 販売終了 SOLD




クロスとクルシフィクス 商品種別表示インデックスに戻る

クロスとクルシフィクス 一覧表示インデックスに戻る


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS