スカプラリオ
scapulaires


 スカプラリオ(羅 SCAPULARIUM 伊 scapolare 西 escapulario 葡 escapulário 仏 scapulaire)は本来司祭や修道士、修道女の肩布であったものを、一般の人が身に着けやすいように小型化した信心具です。カルメル山の聖母が聖サイモン・ストックに与えたと伝えられる「茶色のスカプラリオ」が有名ですが、他にも多様な種類があります。

 「スカプラリオ」という日本語の名称は、ラテン語スカプラリウムの奪格形「スカプラリオー」(羅 SCAPULARIO)に由来します。スカプラリウムの語源は、「肩」「肩甲骨」を表す「スカプラエ」(羅 SCAPULAE)です。


 花嫁のスカプラリオ 至高の愛のカンディダ・ローザ 純白の刺繍による作例 55 x 50 mm フランス 二十世紀前半

 花弁の縁取りがあるフランスのスカプラリオ 二十世紀前半以前 販売終了 SOLD

 青い小花を刺繍したフランスのスカプラリオ 二十世紀前半以前 販売終了 SOLD




聖遺物、スカプラリオ、アグヌス・デイなど 商品種別表示インデックスに戻る

キリスト教関連品 その他の商品と解説 一覧表示インデックスに戻る


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS