小さな布袋入り 薔薇の花の聖遺物 「聖リタ、私をお守りください」 カシアの聖リタ修道院


 イタリア中央部の小村カシア(Cascia ウンブリア州ペルージャ県)に、カシアの聖リタ (Santa Rita da Cascia, 1381 - 1447) の生地ロッカポレーナ (Roccaporena) があり、聖リタ信心会本部聖堂 (il Santuario dell'Opera di Santa Rita di Roccaporena) を中心にサントゥアリオ(santuario イタリア語で「聖域」)が整備されて、大勢の巡礼者をひきつけています。ロッカポレーナの聖堂はジョヴァンニ・オレステ・デッラ・ピアーナ (Giovanni Oreste della Piana) 氏の設計により、1948年に落成したロマネスク様式の美しい建物です。

 聖リタはカシアのアウグスチノ会修道院の修道女でしたが、晩年は四年にわたってベッドに寝たきりになりました。聖リタが亡くなる少し前、聖女の出身地ロッカポレーナから修道院を訪れた人が、「必要な物はありませんか」と聖女に尋ねると、聖女は両親の家の庭に咲く薔薇の花とイチジクの実を欲しがりました。季節は一月で、薔薇の花やイチジクの実が見つかるわけはありませんでしたが、それでも訪問者が聖女の生まれた家に行くと、一輪の薔薇と、熟れたイチジクが見つかりました。この故事に因み、聖リタの図像には薔薇が描かれることが多くあります。


【下・参考画像】 薔薇を手にしたカシアの聖リタ フランスの古い小聖画 当店の商品




 本品は、ロッカポレーナのサントゥアリオで栽培された薔薇の花弁を乾燥させたものです。薔薇の花弁は紙に包まれ、真っ白な布の小袋に入っています。布の小袋にはイタリア語で「聖リタ、私をお守りください」(Santa Rita, Proteggimi.)と記されています。





 紙包みには乾燥させた薔薇の花弁が入っています。この薔薇は、聖リタの祝日(memoria 記念日)である五月二十二日のミサで祝福を受けた花です。





 カシアの聖リタは「絶望的な状況にある人を助ける守護聖人」として、多くの人の崇敬を集めています。聖リタの祝日は 5月 22日です。





4,200円

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




カシアの聖リタの聖遺物 商品種別表示インデックスに戻る

キリスト教関連品 その他の商品と解説 一覧表示インデックスに戻る


簡易なルリケール 携帯可能な聖遺物 商品種別表示インデックスに移動する

聖遺物、スカプラリオ、アグヌス・デイなど 商品種別表示インデックスに移動する


キリスト教関連品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS