8月8日 水曜日

 こつめちゃんが昼寝をしています。



 迪彦です。寝ているのかと思ったら、





 何かを考えているようです。



 アンティークアナスタシアの建物からは、淡路島から紀伊半島、大阪、生駒金剛山地まで見渡せます。この前の土曜日は神戸港で花火を打ち上げていました。綺麗だったので一枚写真に撮りました。同時に淀川で上がっている花火もよく見えていました。




 黄色はナトリウムかカルシウムで、これは資源量が豊富です。桃色はリチウムでしょうか。ペルーかどこかからはるばる運んできたものを、一瞬で燃やすのはもったいない気もします。

 リチウム(Li)はギリシア語リトス(λίθος 石)から作ったラテン語形容詞の中性形(単数主格及び対格)を、名詞として使った名称です。すなわち「岩石の(元素)」という意味で、その名の通り鉱物界に広く存在しますが、隣のベリリウム(Be)、硼素(Be)と並んで生成されにくい元素であり、地球におけるリチウムの資源量はナトリウムの五百分の一ほどしかありません。

 リチウムはスポジュメンをはじめとする数種の鉱物から取り出します。電池に使われることで有名ですが、ステアリン酸リチウムは機械の潤滑用グリスとして大量に使われます。水素の発生源、二酸化炭素の吸着剤、優秀な還元剤、イソプレンを作る触媒、強化ガラスや琺瑯の原料であるほか、抗鬱薬にも使われます。広範な用途を持つ有用な金属です。




にゃんこ日記 インデックスに移動する


アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS