金色に華やぐアール・デコ 《ベンラス 小秒針付ドレス・ウォッチ 十七石》 独自の耐震装置を備えたハイ・ジュエル機 スイス 1950年代初頭



突出部分を除くケースの直径  30.3ミリメートル

風防と裏蓋を含む厚み 9.8ミリメートル


ラグ幅(時計に取り付ける部分のバンド幅) 16ミリメートル




 1950年代初頭頃のスイスで作られたドレス・ウォッチ。華やかな装飾のあるアール・エコ様式のケース、四か所に数字を使った文字盤、六時の位置の小秒針に、1950年代製腕時計の特徴がよく現れています。ケースのサイズは円形部分の直径が 30ミリメートルですが、目立つ装飾が四方向に突出しているために、かなり大きめに見えます。風防と裏蓋を含む厚さは、9 8ミリメートルです。現代の機械式時計はたいてい自動巻きで、13あるいは 14ミリメートル内外の厚みがあります。本品はそれに比べるとたいへん薄くドレッシーで、長袖シャツ、長袖ブラウスもスマートに着こなせます。カジュアル、フォーマルのいずれにも活躍する優れたデザインの時計です。





 時計内部の機械をムーヴメント(英 movement)、ムーヴメントを保護する金属製の容器(時計本体の外側)をケース(英 case)といいます。ケースはベゼル(英 bezel)と裏蓋(英 back)に分かれます。べゼルとは風防の枠となる部分のことで、文字盤を上にして時計を平置きしたときの、ケースの上半分に相当します。本品はケース本体とベゼルが一体で、この部分は上品な金色です。裏蓋はステンレス・スティールでできています。





 ケースの金色部分は、十カラット・ゴールド(純度10/24の金合金)の薄板を張ったロールド・ゴールド・プレートです。これは現代の金めっき(エレクトロプレート、電解めっき)とは全く異なる方法で、ベース・メタルの表面に、金合金の薄板を高温高圧で鑞(ろう)付けします。ロールド・ゴールド・プレートの金の層はエレクトロプレートの数倍ないし数十倍の厚みがあって、美しさと耐久性に優れます。

 現代の機械式時計はステンレス・スティールでできていますが、これは耐摩耗性、抗アレルギー性に優れるからでしょう。時計ケースが最も摩耗・腐食しやすいのは肌に触れる裏蓋ですが、本品もこの部分にはステンレス・スティールを採用しています。上の写真は本品を裏蓋側から撮影したもので、ケースの材質とシリアル番号が刻印されています。





 時計において、時刻を表す刻み目や数字が配置された板状の部品を文字盤(もじばん)または文字板(もじいた)といいます。文字盤の周囲十二か所にある「長針五分ごと、短針一時間ごと」の数字を、インデックス(英 index)といいます。

 インデックスの様式には年代ごとの流行があります。十二時、三時、六時、九時をアラビア数字で、他の時刻を棒状部品で表すのは、1950年代に作られたインデックスの特徴です。本品にさ採用された金色の立体インデックス、金色のランス(槍)型長針および短針は、舷窓を思わせる意匠のケースと相俟って、本品にクラシカルな薫りを添えています。





 本品の文字盤は半艶消しのライト・シルバー(明るい銀色)で、外周が斜めに下がり、ちょうど皿を伏せたような形になっています。六十年以上前の品物にもかかわらず、本品の文字盤は極めて良好な保存状態です。淡く均一な古色は、アンティーク時計が長い歳月をかけて獲得した美であり、レプリカ(複製品)には真似ができません。文字盤の上半分にベンラス(BENRUS)のロゴが書かれています。

 ベンラスはいまからおよそ百年y前、1921年にニューヨークで時計店として創業しました。ベンラスは徐々に業容を拡大して大手時計会社のひとつとなりましたが、1960年代後半以降は安価な日本製時計との競争にさらされて、やがて操業を停止しました。

 ベンラスはアメリカ国内で製作した自社製ケースに、スイス製ムーヴメントを入れて時計を作っていました。これはブローバやグリュエンと同じやり方です。上の写真の右側に写っているのはケース裏蓋の内側で、中央のバンドロールにベンラスの社名を刻印しています。その周囲には「ベンラス時計会社がアメリカ合衆国にてケース格納および歩度調整」(CASED AND TIMED IN U.S.A. BY BENRUS WATCH COMPANY)と刻印されています。





 本品の針は金色で、酸化等の問題も無く、たいへん良好な保存状態です。現代の時計は中三針(なかさんしん)式といって、時針分針と同じ位置に長い秒針を取り付けますが、1950年代の男性用腕時計は六時の小文字盤にスモール・セカンドと呼ばれる小秒針を取り付けるのが普通でした。本品も小秒針式で、六時の位置にシンプルな小文字盤を有します。小文字盤には同心円状の溝が切ってあり、時計が傾くとあたかも車輪が回転するかのように光の軸が回り、落ち着いた意匠に動きを添えています。


 本品は電池ではなくぜんまいで動く機械式です。機械式時計には手巻きと自動巻きの二種類がありますが、本品はより薄くドレッシーな手巻き式です。

 腕時計の三時の位置から突出するツマミを龍頭(りゅうず)といいます。機械式時計のぜんまいは、龍頭を回転することにより巻き上げます。ぜんまいを巻くのはとても簡単で誰にでもできますから、初めての方でもまったく心配いりません。また時計を使わない日にぜんまいを巻く必要はありません。





 バンドを取り付けるための突起をラグ(英 lugs)といいます。ラグは十二時側と六時側にそれぞれ二本ずつ突出しています。本品のラグは 1950年代に流行した形状で、ケースとの接合部には舷窓の蝶番を思わせる装飾が突出しています。装飾部の意匠は華やかでありつつも上品で、幾何学的直線と曲線が美しい均衡を保ちます。手首の丸みに添うような曲線も、本品のケースに優美さを加えています。


k


 十二時側のラグ間の距離、および六時側のラグ間の距離はいずれも十六ミリメートルで、これが本品に適合するバンド幅ということになります。十六ミリメートルは 1950年代の男性用腕時計に標準的なバンド幅です。本品の商品写真は黒の革バンドを取り付けて撮影しましたが、幅が十六ミリメートルのバンドであれば、色や素材は自由に変更できます。赤や青、白、茶色などの革バンドを付けることもできますし、金属バンドを付けることもできます。





 上の写真は本品のムーヴメントです。向かって右端に写っている大きな輪は、振り子の役割をする天符(てんぷ)です。天符の左上には銀色の大きな車が見えています。これが角穴車で、角穴車の下にある香箱という円筒形の箱に主ぜんまいが入っています。「スイス製」「十七石」「ベンラス時計会社」の文字が刻まれています。「未調整」(UNADJUSTED)とあるのはアメリカ合衆国に輸入されたスイス製ムーヴメントに共通の表示で、実際には調整されています。BB4 はベンラスの社内コードで、スイスのETA社が製作したキャリバー 900 のことです。

 良質の機械式腕時計、懐中時計には、摩耗してはいけない部分にルビーを使います。ルビーはモース硬度「九」と非常に硬い鉱物(コランダム Al2O3)ですので、時計の部品として使用されるのです。本品のムーヴメントには十七個のルビーが使用されています。機械式ムーヴメントにおいて、摩耗してはならない箇所のすべてにルビーを使用すると、十七個のルビーを使った十七石(じゅうななせき)のハイ・ジュエル・ムーヴメント(英 high jewel movement)となります。

 ETA 900には十五石と十七石の二種があります。ベンラスの時計も十五石のETA 900を採用する場合がありますが、本品は十七石のハイ・ジュエル・ムーヴメントを搭載した高品位の時計です。





 本品のムーヴメントは電池ではなくぜんまいで動いています。電池で動くクォーツ式腕時計が完全に普及したのは、1980年代のことです。本品が製作された 1950年代の腕時計は、ぜんまいで動いていました。

 本品のようにぜんまいで動く時計を機械式時計といいます。機械式時計は手巻き時計と自動巻き時計に分かれます。前者は手動でぜんまいを巻き上げる方式で、機械式時計の基本形です。宇宙飛行士の時計は、現代でも手巻き式です。手巻き式ムーヴメントと自動巻きムーヴメントを比べると、手巻き式ムーヴメントは自動巻き機構が付加されない分だけ薄く作ることが可能です。

 ETA900 を改変したベンラスのムーヴメントにはデイ表示、デイ・デイト表示が付いた十七石の CE3, CE13、同じく十五石の CE4, CE14がありますが、文字盤のデザインはデイト表示、デイ・デイト表示が無いほうがすっきりしますし、日板、曜日板およびこれを送る車の爪は摩耗してしばしば壊れます。しかも機械式時計の日付や曜日は自動的に合わず、月末には手動で調整しなくてはなりませんから、無くても良い機能だと私は考えています。


 ムーヴメントの九時付近、下の写真でいえば右下に、天符が写っています。天符は携帯用時計(ウォッチ、すなわち懐中時計及び腕時計)において振子の役割をする部品で、時計のムーヴメントを人間の体に譬えれば、天符は脳や心臓に相当します。機械式時計は天符が規則的に振動することで時間を測っています。それゆえ天符の振動の規則性は、機械式時計にとって最も重要な性能です。天符は大きければ大きいほど安定して動作します。ベンラス BB4(ETA 900)をはじめ男性用時計のムーヴメントは大きな天符を有します。本品の天符は安定的に動作しています。




 天符の中心軸を天真(てんしん)といいます。天真の両端をホゾといいます。腕時計の天真は、ホゾの直径が 0.08ミリメートルほどしかなく、非常にデリケートです。天真は鋼鉄でできています。鋼鉄は硬く、引っ掻きや摩耗に対しては強い素材ですが、衝撃に対しては脆弱(ぜいじゃく)で、時計を誤って落下させる等の衝撃を与えると簡単に折れてしまいます。天真のホゾが折れると天符の動きが止まり、時計が停止します。それゆえ天真のホゾ折れは、人間に譬えれば脳死や心停止のように重大な故障です。

 この故障を起きにくくするために、本品のムーヴメントは耐衝撃装置を備えています。上の写真の手前右側には天符が写っており、天符の中心にルビーが見えます。これは受け石という部品です。UT 6565の天符の受け石は、長い柄のついた銀色の板バネで押さえて保持されています。この板バネが耐震装置(耐衝撃装置)で、ムーヴメントに強い慣性が働いたとき、天符の穴石と受け石にわずかな動きを許すことにより、天真のホゾに加わる衝撃を低減します。耐震装置はごく小さな板バネにすぎませんが、たいへん優れた発明であり、天真のホゾ折れ事故はこれによって大幅に減少しました。

 腕時計の耐震装置は、スイスのインカブロックやセイコーのダイヤショック、シチズンのパラショックなど、1950年代半ば以降急速に普及します。しかしながらベンラス社はそれらに先駆け、早くも 1920年代から、スイス製ムーヴメントに独自の板バネ式耐震装置を取り付け、耐震性能を高めてきました。本品に採用されているのは、ベンラス独自の板バネ式耐震装置です。

 なお耐衝撃装置が付いていても、衝撃が加わる方向によっては、耐震機能がほとんど働きません。したがって耐震装置の有無にかかわらず、機械式時計は乱暴に扱うべきではありません。そういう意味では耐震装置が付いたからといって使い勝手が良くなるわけでもないのですが、万一の事故を考えると、耐震装置は付いているほうが一層安心できます。


 本品のムーヴメントは天符の振り角も大きく、良好な状態です。オシドリの嵌まる竜真の窪み、キチ車と鼓車の噛み合わせ部分、裏押さえの腕部分等、消耗しやすい部分にも異常はありません。アンティーク時計(ヴィンテージ時計)はどこの店でもほぼ現状売りで、修理にはなかなか対応してもらえませんが、当店ではアンティーク時計の修理に対応しています。





 本品は直径 30ミリメートルとヴィンテージ時計らしいサイズですが、ケース四隅に大きな装飾が突出するゆえに小さいとは感じません。上の写真は筆者(広川)時針がモデルとなって撮影したものです。筆者は身長 173 cm、体重 80 kg で、手首も細くはありませんが、この時計はちょうど良いサイズです。また手巻き式である本品の厚みは 10 mm 未満と薄型であるゆえに、シャツや上着の袖に引っかからず、仕事用のスーツもスマートに着こなせます。本品をはじめ 1950年代の男性用時計は現代の女性用時計と同じぐらいの大きさですので、女性にもお使いいただけます。

 商品写真のバンドは黒を選びましたが、時計会社はバンドまで作っていませんので、バンドをお好みのものに取り替えてもヴィンテージ品としての価値はまったく減りません。バンドはお好きな色、質感、長さのバンドに替えることができます。時計お買上時のバンド交換は、当店の在庫品であれば無料で承ります。

 当店はアンティーク時計(ヴィンテージ時計)の修理に対応しております。アンティーク時計の修理等、当店が取り扱う時計につきましては、こちらをご覧ください。当店の時計は現金一括払い、ご来店時のクレジットカード払いのほか、現金の分割払いでもご購入いただけます。当店ではお客様のご希望に出来る限り柔軟に対応しております。ご遠慮なくご相談くださいませ。





本体価格 118,000円

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




男性用(男女兼用)腕時計 メーカー名 《AとB》 商品種別表示インデックスに戻る

男性用(男女兼用)腕時計 一覧表示インデックスに戻る


腕時計 商品種別表示インデックスに移動する


時計と関連用品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップ・ページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS