円くて小さな女性用アンティーク時計 《グリュエン セヴィル》 アール・デコ様式による個性的デザイン 金と黒のドレッシーで上品なモデル 1950年




 アメリカのグリュエン社が 1950年に発表した女性用ドレス・ウォッチ、《セヴィル》(Sevelle)。「セヴィル」とはスペインの町セビジャ(セビリア Sevilla)のことです。

 本品は電池ではなくぜんまいで動く手巻き式時計です。金色ケースと黒色文字盤の組み合わせが大人の雰囲気を持つ一方で、一円硬貨よりも小さなサイズと円を強調したデザインからは、女性らしい優しさと愛らしさが溢れています。本品の金は10カラット・ゴールド、すなわち十金(じゅっきん)ですので、シャンパン・ゴールドのように淡く上品な色です。金と黒の組み合わせに成金趣味的な嫌味はなく、十八金のように強い色味が苦手な方にもご愛用いただけます。





 時計内部の機械を「ムーヴメント」(英 movement)、ムーヴメントを保護する金属製の容器(時計の外側)を「ケース」(英 case)といいます。

 本品のケースは10カラット・ゴールド・フィルド(十金張り)、つまり 10カラット・ゴールドの薄板を、丈夫な金属に鑞(ろう)付けしたものでできています。エレクトロ・ゴールド・プレート(現代の金めっき)に比べると、昔のゴールド・フィルド(金張り)は格段に分厚いので、摩耗に強く、見た目にも高級感があります。特にグリュエン社の金張りは分厚いことで有名でした。

 また金は本来軟らかく摩耗しやすい金属ですが、本品のケースに張られている10カラット・ゴールド(十金)は、十八金等に比べると格段に大きな強度を有します。本品は七十年近く前の時計ですが、金の剥がれが認められるのは、最突出部であるラグ(バンドを取り付ける突起)の上面のみです。古い年代にもかかわらず、ケースは全般的にたいへん綺麗な状態です。





 本品のケースはアール・デコ様式による個性的デザインです。平坦な風防を嵌め込んだ低い円柱状のケースは、全体的にほぼ同じ厚みで、少し角ばった分厚いおはじきのように見えます。

 風防の直径はちょうど十ミリメートルです。ベゼル(ケース上面)の風防を囲む部分には、長針五分ごと、短針一時間ごとの間隔で、鋲の頭のような造形があります。この造形とともに、文字盤の外周には長針一分ごとの刻み目が描かれていて、時刻が読み取り易くデザインされています。





 風防越しに見える「時計の顔」に当たる部分を「文字盤」(もじばん)または「文字板」(もじいた)、古い言い方で「干支」(えと)と呼びます。本品は文字盤を黒で引き締め、また黒の文字盤を金色のケースと組み合わせることで、大人の女性にふさわしい高級感を実現しています。文字盤上部に書かれた「グリュエン ヴェリ=シン」(GRUEN VERI-THIN)のロゴ、文字盤最下部の外縁近くに書かれた「スイス」(SWITZERLAND)の文字、文字盤を取り巻く「長針一分ごと」の刻み目もすべて金色で、長針と短針も金色です。

 なおこの時代の女性用時計は秒針を持たない「二針式」です。二針式の時計はドレスウォッチです。


 通常の文字盤には「長針五分ごと、短針一時間ごと」の十二か所に数字や刻み目があって、これを「インデックス」(英 index)と呼んでいます。しかるに本品の文字盤はインデックスを持たない珍しいデザインで、「長針五分ごと、短針一時間ごと」の印はベゼル上にあります。





 本品のムーヴメントはトノー型ですが、ケースは円形です。

 時計ムーヴメントの形とケースの形の関係を見ると、円い時計はほぼ必ず円形ムーヴメントを搭載しています。トノー型(樽型)やレクタンギュラー型(長方形)の時計は、多くの場合楕円形、トノー型、長方形などの細長いムーヴメントを搭載しています。ムーヴェメントの形状とケースの形状が一致しないのは、四角い時計に円いムーヴメントを入れる場合で、円形ムーヴメントを入れるためにケースの側面をわずかに張り出させたり、直径がケースの幅より小さな円形ムーヴメントを搭載したりして、四角あるいは四角に近いケース形状を実現しています。

 しかるに本品はケース形状が円形であるにもかかわらず、ムーヴメントはトノー型です。上述したように、「円形ムーヴメントを入れた細長い時計」はよく見かけますが、「細長いムーヴメントを入れた円い時計」はほとんどありません。本品は数ある女性用アンティーク時計のなかでもたいへん珍しい作例です。





 この時計に搭載されている機械はトノー型の手巻ムーヴメント、「グリュエン キャリバー 215」です。ムーヴメントとは、時計内部の機械のことです。手巻ムーヴメントは電池ではなくぜんまいで動きます。電池で動く「クォーツ式」腕時計が普及したのは、1970年代以降のことです。本品が製作された 1922年にはクォーツ式腕時計はまだ発明されておらず、腕時計はすべてぜんまいで動いていました。ぜんまいは竜頭(りゅうず)を回して巻き上げます。竜頭とは三時の位置でケース側面から突出しているツマミのことです。


 本品が搭載する「グリュエン キャリバー 215」は 十七石ムーヴメント、つまり十七個のルビーを使用した高級機です。 ムーヴメントの状態はきわめて良好で、スムーズに動作しています。

 良質の機械式時計のムーヴメント(時計内部の機械)には、重要な部品の摩耗を防ぐために、ルビーが使われています。ルビーとサファイアはコランダムという鉱物で、いずれもモース硬度「九」と、たいへん硬い宝石です。ルビーを使うのが望ましい箇所は十五箇所あって、そのすべてにルビーを入れると十七個の石が使われることになります。十七石のムーヴメントは「ハイ・ジュエル」(high-jewel)と呼ばれる高性能の機械です。

 上質の機械式ムーヴメントは見た目にもたいへん美しいものですが、この美しさは見せるためにうわべを飾ったのではなく、上質の物に自(おの)ずから備わる美、つまり機能美です。





 1950年代におけるハイ・ジュエルの時計価格は初任給のおよそ三カ月分でした。現代のクォーツ時計に比べるとずいぶんと高価ですが、現在スイスで作られている機械式時計も、価格はやはり数十万円です。ほとんどのクォーツ時計には、実はおもちゃのようなプラスチック製ムーヴメントが入っていて、そのせいで安く手に入るようになったのですが、良質の機械式時計の値段は、昔も今も変わりません。


(下) グリュエン社の広告 1941年




 初任給の三カ月分の価格で売られていたハイ・ジュエルの時計は、適切なメンテナンスによって数十年間動き続ける「一生もの」です。「一生もの」である事を考えると、「初任給の二カ月分から三カ月分」という価格は決して高くはありません。現代のクォーツ時計でも、ブランド物を買えば数十万円しますが、クォーツ・ムーヴメントの心臓である「回路」の寿命は、高級時計のメーカー自身が言うところではおよそ七年、長く見積もってもせいぜい十年ちょっとです。

 それゆえに、もともとの価値の半分以下、ときには数分の一で手に入るアンティーク時計(ヴィンテージ時計)は、たいへんなお買い得品です。故障の際に部品が手に入らないという理由で、アンティーク時計はお買い上げ後の修理、メンテナンスに対応しない「現状売り」となるのが普通ですが、当店では長期に亙り修理に対応いたします。ご安心ください。





 当店では、バンドをお好みの素材、デザイン、サイズのものに無料で変更していただくことが可能です。このページの商品写真に写っている金属製バンドはバネで伸縮するタイプで、留め金式のように切れ目が無く、時計の着脱に便利です。この金属製バンドを取り付けたときの全体の長さ(時計とバンドの合計サイズ)は、バンドのバネが伸びていない状態で測って、15.5センチメートルです。サイズやデザインの好みが合わない場合、バンドは簡単に交換できますのでご安心ください。金属製バンド以外の選択肢としては、黒のコード・バンドがお勧めです。

 当店独自の時計用バンド変更サービス、及び当店のアンティーク時計に関する全般的な説明は、こちらをクリックしてください





135,000円

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




女性用腕時計 商品種別表示インデックス メーカー名 《FとG》 に戻る

女性用腕時計 一覧表示インデックスに戻る


腕時計 商品種別表示インデックスに移動する


時計と関連用品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップ・ページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS