懐中時計用鎖 全長 33.0センチメートル フランス 19世紀後半から20世紀初頭



 全長 33センチメートル、幅 4ミリメートルの金色の鎖。ブロンズに金張りを施してあります。一方の端にあるO(オー)型の環に「フィクス」の刻印があります。

 「ティトル・フィクス」(TITRE FIXE) または「フィクス」(FIX) は、サヴァール・エ・フィス社 (Savard et fils) の商標です。同社を創業したジュエリー職人フランソワ・サヴァール (François Savard) は、1829年、真鍮またはブロンズの表面に金を張った素材(「オール・ドゥブレ」 or doublé あるいは「プラケ・ドール・ラミネ」plaqué d'or laminé)を発明しました。フランソワ・サヴァールの発明は息子オーギュスト (Auguste Savard) に受け継がれ、1893年以降、「ティトル・フィクス」(TITRE FIXE) または「フィクス」の商標で全盛期を迎えました。「ティトル・フィクス」または「フィクス」は金が厚いために磨滅しにくく、変色も起こらない高品質のジュエリーで、19世紀半ばから20世紀前半のフランスにおいて人気を集めました。下の写真はパリのアクセサリー商 E. ブリエ (E. Boullier) が、「ティトル・フィクス」の商品を掲載した 1907年頃の広告です。


(下・参考画像) 「ティトル・フィクス」ブランドのビジュ(ジュエリーとアクセサリー)。1907年の広告。




 本品のもう一方の端には、外径 9ミリメートルと大きめの引き輪が取り付けられています。引き輪に歪み等の問題は無く、バネも良く効いており、新品時と変わらず使える良い状態です。「フィクス」と刻印されたO(オー)型の環に、もう一方の引き輪を掛けると、鎖が環状になります。しかしながら本品の全長は 33センチメートルで、ネックレスのように使うには短すぎ、ブレスレットとして使うには長すぎます。懐中時計の鎖として使うにはちょうど良い長さです。





 本品を懐中時計の鎖に使う場合、「フィクス」と刻印されたO(オー)型の環に、開閉可能な引き輪あるいは留め金を取り付ける必要があります。この取り付けは数百円程度の実費にて可能ですので、ご希望の場合はお申し付けくださいませ。引き輪や留め金を取り付ける代わりに、紐やリボンで代用するなど、ご自身で工夫してお使いいただくことも可能です。

 上の商品写真では、金張りが剥がれてブロンズが露出している箇所を判別することが可能ですが、肉眼で見ても分かりません。実物は写真よりもずっと美しく、お買い上げの方には必ずご満足いただけます。チェーンの強度も申し分無く、長くご愛用いただける品物です。





6,300円 販売終了 SOLD

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。




その他の時計関連用品 商品種別表示インデックスに戻る

懐中時計など 一覧表示インデックスに戻る


時計と関連用品 商品種別表示インデックスに移動する



アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する




Ἀναστασία ἡ Οὐτοπία τῶν αἰλούρων ANASTASIA KOBENSIS, ANTIQUARUM RERUM LOCUS NON INVENIENDUS