ミュゼ・トゥールーズ=ロートレック、アルビ 10点揃
Musee Toulouse-Lautrec, Albi




アルビ (Albi ミディ=ピレネー地域圏タルヌ県)にあるトゥールーズ=ロートレック美術館のコレクションをフェーヴにしたもの。


トゥルーズ=ロートレックの出身地であるアルビには、要塞化した聖堂建築として有名な司教座聖堂サント=セシルがあり、その脇にはアルビ大司教の宮殿が建てられています。


フランスでは第三共和政時代のジュール・フェリー (Jule Ferry, 1832 - 1893) 以来、国家の世俗化が一貫して推し進められてきましたが、

1905年にはアリスティード・ブリアン (Aristide Briand, 1862 - 1932) の主導によって

ついに政教分離法 (Loi du 9 decembre 1905 concernant la separation des Eglises et de l'Etat) が成立し、教会の財産は国家によって没収されました。


上述のアルビ大司教の宮殿もこの法律によって国有化され、1922年に「トゥールーズ=ロートレック美術館」(Musee Toulouse-Lautrec) に改装されました。

この美術館はトゥールーズ=ロートレックの作品を網羅しているほか、ドガ、マティス、ルオー、ロダン、マイヨールら同時代の芸術家の作品も収蔵しています。



このフェーヴは印刷のきめがたいへん細かく、強度の近視である私が裸眼で見ても、違和感は感じません。

台座の表側にトゥルーズ=ロートレックのサイン、裏側に「アルビ、トゥールーズ=ロートレック美術館」(Musee Toulouse-Lautrec, Albi) の文字が記されています。

2009年冬の限定品で、10点揃いのデッド・ストック完品です。



10点で 8,800円

電話 (078-855-2502) またはメール(procyon_cum_felibus@yahoo.co.jp)にてご注文くださいませ。



雑貨 磁器、フェーヴ、服飾小物、喫煙具など 一覧表示インデックスに戻る

アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する