ティロゼム (フランスのチーズのラベル)
tyrosèmes - les étiquettes de fromages


 フランス語で「ティロゼム」(tyrosème) と呼ばれるチーズのラベル。エフェメラの一種で、フランスには熱心なコレクターがいます。

 1797年に発明され、1837年に大幅な改良が加えられた「多色刷り石版」は、香水、薬と衛生用品、酒類のラベルに多用されましたが、1870年頃には食品をはじめあらゆる品物のラベルがこの技法で刷られるようになりました。石版画の美しい色彩のおかげで商品ラベルは洗練されたデザインとなり、インダストリアル・デザインの名作と呼べる多くの作品が生まれました。ティロゼムもそのようなもののひとつです。

 ティロゼムがいつ刷られたものであるかを知るのは容易ではありませんが、全体的なデザイン、イラストのテーマや描き方、印刷技法、印刷業者の操業年代、紙及びインクの種類と質、チーズ工房の所在地や乳脂肪率の表示方法、乳脂肪率の高低など、多角的なデータを付き合わせれば、年代をほぼ正確に特定できます。

 「ティロゼム」はれっきとしたフランス語ですが、意味がわかる人はフランスでも稀です。「ティロゼム」は、古典ギリシア語で「チーズ」を表す「テュロス」(τυρός) と、「印」「標章」を表す「セーメイオン」(σημεῖον) の合成語です。


 「コルドン・ヴェール」(緑のリボン) ノルマンディーのカマンベール・チーズ 直径 113 mm

 稀少品 「クーロミエ・デュ・シャ・グルマン」 美食家猫のクーロミエ・チーズ 直径 130 mm

 極稀少品 「ラ・プティット・クジーヌ」 ビヤンクール=シュル=オルジュのチーズ 直径 108 mm

 「ル・シャ・グルメ」(美食家猫) ノルマンディーのカマンベール・チーズ 直径 112 mm

 「ル・グロ・ミネ」(丸々と太った子猫) トゥーレーヌのチーズ 直径 110 mm

 「リヴァロ」 ペイ・ドージュのリヴァロ・チーズ 直径 126 mm

 「プティ・パタポン」 ヴァレ・デュ・シェールのカマンベール・チーズ 直径 115 mm



美術品と工芸品 商品種別表示インデックスに戻る

美術品と工芸品 ティロゼム 一覧表示インデックスに戻る


アンティークアナスタシア ウェブサイトのトップページに移動する